2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見習い - 2016.11.02 Wed

「見習い」
(2015/シンガポール+ドイツ+フランス+香港+カタール/Apprentice )


apprentice02.jpg


東京国際映画祭 @六本木 その1

東京国際映画祭に行ってきた。
世界中の映画が見られる中、アジア映画を2本見て来ました。
一本目は、シンガポールのブー・ユンファン監督作品です。
カンヌ国際映画祭2016「ある視点」部門出品作。


物語はアイマンが働いている刑務所と、姉と暮らす実家が舞台。
働き始めたばかりのアイマンは、死刑執行人ラムヒに接近し、彼の”見習い”になることに成功する。

apprentice03.jpg


話が進む内、アイマンの父親はかつてここで死刑になったことがわかる。
その時担当したのがラムヒだった。

アイマンはなぜ刑務官という仕事を選んだのか?
ラムヒに近づいて一体何をしたいのか?

apprentice04.jpg

なんとなくもやっとしたものを抱えながら観客はアイマンを見守る。
その一方で、死刑制度について考えさせられる。

当の死刑囚はもちろん、その家族も苦しむ。
そしてそれを仕事としてこなして行く執行人も苦悩を抱えている。
人が人の生き死にに手を下すということは――


上映終了後、ブー・ユンファン監督を迎えてQ&Aセッションあり。
司会進行はおなじみ 松下由美さん。

この映画祭の観客もレベルが高く、質問もナイッスなものばかり。

Q:この作品の国内での反応は?

A:テーマがテーマだけにどうかと思っていたが国内の評価が高く、予想外に当局から資金も出て驚いた。
カンヌ出品が決まったら、その旅費も国が出してくれた。
そして、今作は来年のアカデミー賞外国語映画賞シンガポール代表にも決定!!

以前シンガポール映画祭で、ある監督から聞いたシンガポール映画界の現状を思い出した。
シンガポールは政府の検閲が非常に厳しく、制約の中で映画を作らなくてはいけないという。
→ 詳細は拙ブログ 「Short Lah!ロイストン・タン短編集」 ご参照

今作は硬派なテーマでしたが、ブー・ユンファン監督はニア・ディナタ(インドネシア)らと共に東南アジアを代表するクィア映画の作り手。 
→ ブー監督はオープンリーゲイ。
過去にショートフィルム3本が東京国際レズビアン&ゲイ映画祭で上映されていました。
ええーっ!覚えてるかな?とアーカイブを見たところ、チロルどれも未見でした・・・残念。

◆東京国際レズビアン&ゲイ映画祭2008年
アジア短編集 / Asian Shorts :
 『カトーン・フーガ』(2006 / Singapore /Katong Fugue/ 10min) 
 → クローゼットの息子とその母親の濃密な関係
 『家族の肖像』(2004 / Singapore /Un retrato de familia/ 9min)
 → 家族の秘密を知った少年が妹に告げたある言葉

◆東京国際レズビアン&ゲイ映画祭2009年
ボーイズ短編集 :
 『タンジョン・ルー』(2008 / Singapore /Tanjong Rhu: The Casuarina Cove/ 19min) 

apprentice06.jpg


また、この3本は シンガポール映画祭2009 ブー・ユンファン特集上映でも上映されました。
ここでも見逃してました・・・。

ブー・ユンファン監督は俳優よりもアジアンビューティー☆

apprentice055.jpg

カンヌにて
apprentice01.jpg
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cieloluna187.blog32.fc2.com/tb.php/939-6f4ac4b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラブリー・マン «  | BLOG TOP |  » ミラクル・ニール!

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【10件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【6件】
2017年 05月 【9件】
2017年 04月 【9件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。