2017-10

カジノ・ロワイヤル(1967年版) - 2007.01.12 Fri

「カジノ・ロワイヤル」(1967・UK/CASINO ROYALE)

カジノ・ロワイヤル カジノ・ロワイヤル
ピーター・セラーズ (2006/10/27)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る

国際陰謀団スメルシュの手によって、世界各国で英米のスパイが次々と消されていく。 「007」のコードネームを後輩に譲って隠居していたジェームズ・ボンドは、英国秘密情報部の主任「M」の説得により、スメルシュ打倒を任された。
彼が指揮したトンデモない作戦とは…?
原作はボンドシリーズの第1作目。本家の映画シリーズとは別物のパロディ作品。
アカデミー賞1部門ノミネート

怪作! としか言いようがない。
「007」シリーズにおいて、この作品だけスルーされているのはどうしてか?
ずっと不思議だった。



とにかくハチャメチャなコメデイだ。
前半は原作と同じところは、全く なく、ベタで古典的なギャグ満載。
昔なつかしい海外のテレビシリーズを見ているような気になる。

中盤、敵側ギャンブルの達人 ル・シッフルが出て来て、やっと「カジノ・ロワイヤル」らしくなる。
ジェイムズ・ボンドの相棒 ヴェスパー・リンドーも出て来る。
とはいえ、依然ハチャメチャなことに変わりはない。

この作品、ドタバタ喜劇なのに、とにかく出演者が豪華すぎる! ムダに豪華!
まず、冒頭、出て来てすぐ殺されてしまう「M」が、監督自らの出演、ジョン・ヒューストン
ル・シッフルは、なんと、オーソン・ウエルズ ですよ!
ラストの大乱闘は大物続出! ウィリアム・ホールデン ジョージ・ラフト(キャ~!)
そして、なんと、ジャン・ポール・ベルモント まで!
映画ファンは、一瞬も見逃せません。

大体、この作品、ジェイムズ・ボンドが4人いるってとこからブッ飛んでいる。
今やおじいちゃんのボンドは、自分の後継者(及び敵の目を撹乱させる為)にと、甥のジミー・ボンドを連れて来る。(これこそ彼の考えた作戦なのだが)
これが、なんと ウッディ・アレン!! アレンがボンド(その2)!
それに、ボンド(その3)に、ピーター・セラーズ!

”あの” 拷問シーンも一応あるんだけど、この時代らしい、サイケでスプートニクにアレンジされていて、 拷問=脳に対する刺激 → 幻覚を見る。(これが拷問になるのかよ!?というツッコミはなしで)
幻覚の中でボンドは、なぜかケルトの楽隊に囲まれているのだが、その中の一人が  ピーター・オトゥール(映画好きにはたまらない遊び心満載!)

ストーリーはないに等しく、映画の出来としては最低だと思うが、よく出来てる作品なのよ。 なんつーか、この作品そのものが、007をみごとにパロディ化した、初代「オースチン・パワーズ」なのだ。
出て来るボンドガールたちは、文句なく美しくsexy!!  もはや現代の映画にはない、「大人のお色気」に満ちた作品。
それも、イギリス映画ゆえか!? 今や、カルトムーヴィーとなっているのも納得の一作。 casino.jpg
尚、シリーズの製作プロダクション:イオン・プロは、当時、小説のシリーズ第1作である、この『カジノ・ロワイヤル』だけは、”権利関係の錯綜”から権利を押さえることができなかった。 イオン・プロにしたら、これだけは死んでも死に切れないほど、心残りだったんだろう
な。 祝 2006年版完成! (いまさら・・・)

ua.jpg
なんと、セクシーダイナマイト☆ウルスラ・アンドレスがヴェスパー!

ua011.jpg
ウルスラ! イケてるぜ☆ 文句なし!

スポンサーサイト

新春浅草歌舞伎 «  | BLOG TOP |  » 永すぎた春

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【10件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【6件】
2017年 05月 【9件】
2017年 04月 【9件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード