2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修羅雪姫 怨み恋歌 - 2015.10.31 Sat

「修羅雪姫 怨み恋歌」
(1974/東宝/Lady Snowblood: Love Song of Vengeance)





「修羅雪姫」第二弾。
監督はもちろん 藤田敏八。





時は明治末期。
父母の仇討ちを果たした雪は指名手配され逃げる途中でケガをし、見知らぬ男に助けられるも逃げ切れず逮捕される。
死刑の判決を受けた雪は護送中何者かに連れ去られ、着いたところは特警長官・菊井の屋敷だった。
菊井は雪に、アナーキスト徳永乱水を殺し、ある手紙を見つけ出すように言う。
手紙は菊井たちの悪事を記したものだった。

↓菊井=岸田森 もはや人間離れした存在
snowb205.jpg



女中として徳永乱水宅に住み込んだ雪は機会を窺うが、乱水は雪の正体を知っていたのだ。
乱水の革命に対する熱情、志の高さに打たれ、雪は乱水を護衛することに。
雪を信じた乱水は、万が一自分の身に何かあったら弟・周介に届けて欲しいと手紙を託す。

snowb203.jpg

その後乱水は警察に連行され拷問を受ける。
雪は重傷を負いながら、四谷で医者をしている周介の元にたどり着く。
周介はかつてケガをした雪を助けてくれた男だった。(運命のラブ?)

そこに乱水の妻あやが乱水を助けて欲しいと訪ねて来る。
周介は冷淡に追い返す。
あやはかつて周介の妻だったが、周介が日露戦争に出征中、乱水と夫婦になってしまったのだった。
絶望した周介は以来、四谷鯵ケ橋の貧民屈でうらぶれた生活を送っていた。

当時東京の三大貧民屈は、下谷万年町とこの四谷とあと一か所(どっか忘れた)という。
鯵ケ橋というのは今のどの辺なのかしら?
この貧民屈の描写がなかなかいい。
ちっちゃい男の子はみなすっぽんぽんのはだかんぼで走り回ってるし、おかみさんは着物から乳出して歩いてる。

この後警察から叩き出された乱水をあやが周介の元に連れて来る。
乱水はペスト菌を注射され(マジか?!)ひん死の状態だった。
周介は乱水を看病するも、自身も感染してしまう。
菊井は手紙の存在を恐れて貧民屈に火を放ち一体は全焼。

そして、雪は菊井と対決する――


#1はシンプルな復讐譚だったけろ、#2は政治的な匂いがきな臭い。
#2で際立つのは、スクリーンから匂ってきそうな(いろんなものがw)個性的俳優陣。
インテリのアナーキストを演るなら伊丹十三しかないでしょ!
貧民屈の屈折した医者なら原田芳雄だろ!ってなかんじではまってる。
あや役吉行和子と伊丹のエロティックな濡れ場シーンもある。

snowb202.jpg


カメラもいいんだよね。
印象的なショットがいくつもあった。

snowb206.jpg

snowb208.jpg



そして、そして、今回も 梶芽衣子サマの美しさといったら!!!

snowb207.jpg


正面のショットもいいけど、横顔がまたステキ!
もはや顔が劇画のよう
snowb210.jpg


===
DVD特典で、梶のインタビューあり。
「修羅雪姫」を演じたことで当時どんな反響があったか?
という質問に、

「それが、女性のファンがとっても多かったの」

うーーん、わかるぅぅぅ

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cieloluna187.blog32.fc2.com/tb.php/814-661b5e49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

キングスマン «  | BLOG TOP |  » リオの若大将

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。