2017-10

ブリッジ・オブ・スパイ - 2016.01.29 Fri

「ブリッジ・オブ・スパイ」
(2015/BRIDGE OF SPIES)


spies01.jpg


今年もいよいよアカデミー賞の季節になってキタ。
ということで、スピルバーグ&トム・ハンクスのこの作品を観て来ました。
脚本は、”あの”コーエン兄弟だす。
アカデミー賞6部門(作品/助演男優/脚本/美術/編集/作曲)ノミネート。

@TOHOシネマズ日本橋




東西冷戦下の1957年、ニューヨークでソ連のスパイ、アベルが逮捕される。
「アメリカではスパイにも公正な裁きを受けさせるんですよ」という国家のアピールで、公選弁護人に選ばれたのがドノヴァンだった。
とはいえ、裁判は単なるパフォーマンスだったのね。
ところが、ドノヴァンは持ち前の正義感というかフェアな心でアベルの為にがんばっちゃう。
国民はヒステリー状態。
「スパイを死刑にしろ!」

ドノヴァンは国賊扱い。自宅には銃弾が撃ち込まれる。コワ~~!
この辺は「アラバマ物語」を思い出した(涙)
ドノヴァンは家族が危険にさらされてもけして怯まない。

ドノヴァンは担当判事の元に説得に行く。
「彼を死刑にせず、生かしておくことでいつか役立つこともあるかも知れませんよ」

アベルは死刑を免れる。

それからしばらくして、米軍の偵察機がソ連上空で撃墜、パイロットが拘束される。
ドノヴァンの見立てが現実に!
両国の間でスパイの交換が画策され、その交渉を任されたのがドノヴァンだった。
アメリカ政府としては、国ではなくあくまで民間人個人が動いているという体が必要ってことらしい。

ドノヴァンは東ベルリンで一人交渉にあたる。
なんかもう、信じられない展開の連続よ。
実話を基にしたというけれど、どこまでリアルでどこから盛ってあるのかしら?

いやいやいや 任務がタフすぎるやろ~
spies04.jpg


同時期に東ベルリンに留学中のイエールの学生が拘束される。
CIAは彼を見捨てようとするが、「不屈の男」ドノヴァンは、彼も交えた1対2の交換に奔走する。
交渉はうまく行くのか?
最後までハラハラドキドキのエンターティメントでした!
コーエン兄弟もこんな娯楽作を書くのネ!

この話は単なるスパイ物じゃないのよね。
人間と人間の物語とでも言えばいいのかしら。
アベルはドノヴァンを信頼し、ドノヴァンはアベルをひとりの人間として尊重して行く。
二人には友情めいたものが芽生えるんだよね。それが終盤に活きて来る。

spies03.jpg


米ソの交渉って、まるでキツネとタヌキの化かし合い。
今見ると笑っちゃうんだけど、当時は真剣にやってたのよね。

一番印象に残ったのは、まさにベルリンの壁が出来上がって行くシーン。
東西ベルリンが分断される様は衝撃でした。
ふつーの街にいきなりどんどん壁が築かれちゃうんだから。

壁の上を走る電車に乗っていたドノヴァンは、壁を越えようとする人が銃殺されるのを目撃する。
→ この電車はその後も東西をまたいで走っていたらしい。ただし、東側の駅は全て通過した。

spies02.jpg


トム・ハンクスは「不屈の男」ドノヴァンにぴったりのキャスティングだけど、こりゃ完全にアベル役マーク・ライランスに食われちゃった!
文句なしの存在感。アベルの絵の具がこびりついた指が印象に残る。
さすが英国演劇界の実リキ派。
是非、オスカーを狙って欲しいな。ってロッキーが取らなければネ・・・。

「ブリッジオブスパイ」とはスパイ交換の引き渡し場所となったグリーニッカー橋のこと。
東西ドイツの境にあり、冷戦期には40名近いスパイが交換された。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cieloluna187.blog32.fc2.com/tb.php/790-1dc03c94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

I am ICHIHASHI 逮捕されるまで «  | BLOG TOP |  » アパートの鍵貸します

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【10件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【6件】
2017年 05月 【9件】
2017年 04月 【9件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード