2017-10

緋牡丹博徒 一宿一飯 - 2015.03.14 Sat

【緋牡丹博徒 一宿一飯】
(1968/東映)



緋牡丹博徒 一宿一飯 [DVD]緋牡丹博徒 一宿一飯 [DVD]
(2014/03/14)
藤純子、若山富三郎 他

商品詳細を見る


シリーズ第二作。
第一作で脚本を書いた鈴木則文がメガホンを取った。
脚本:野上竜雄、鈴木則文。

尚、この作品、健さんは「一回休み」なんですが、流れで カテゴリ「高倉健」に入れてあります。


肥後熊本は五木の生まれ、姓は矢野、名は竜子
通り名は 緋牡丹のお竜と発します


hbotani01.jpg


時は明治中ごろ、渡世修行に出たお竜は上州富岡、戸ヶ崎組に身を寄せる。
いつもの愛すべきマンネリズム。
昔気質の戸ヶ崎一家とあこぎな笠松一家の対立。

今回の目玉は、健さんに替わって 鶴田浩二御大の登場!
役ドコロは健さんと全く同じ。
お竜と風間周太郎(鶴田浩二)に、ほのかな”ラブロマンス”のにほい?

しかしどう考えても年齢差ありすぎだろ!?
【昼下がりの情事】のオードリー・ヘプバーンとゲイリー・クーパーを思い出した。
(ヘプバーンとおじさまの共演については拙ブログ 【ローマの休日】 ご参照)

もひとつの目玉は、笠松一家の使い手、菅原文太アニイ!
むき身の刀のようなあやうい空気漂う。

hbotani06.jpg


今作の名ゼリフ、戸ヶ崎の娘まちは、笠松に手籠めにされ死のうとする。
そこへお竜が片肌脱いで言う。

hbotani03.jpg

――見ておくんなっせ。女だてらにこぎゃんもんば背負って生きとっとよ。
あたしにゃ、まちさんの気持ちば ようわかりますばい。
女と生まれて人を本当に好きになった時 一番苦しむのは こん汚した肌ですけんね。
消えんとよ、もう一生。だけん、体じゃなかつよ。
人を好きになるんは心。肌に墨は打てても、心にゃだあれも墨ば打つこつぁでけんとです。

お竜さん! 日本一!

↓ おまちは 城野ゆき(← 芸名がこの時代っぽい) 美人女優~

hbotani04.jpg


この話の重要な脇のエピソードが、弁天のおれん(白木マリ)と半目の安(西村晃)の夫婦。
安は”不能”で、おれんは笠松の「夜の相手」をしている。
安が不能ゆえに二人の関係が濃密でエロい。
かつておれんは安の兄貴分の女だったが、安とデキてしまい、兄貴は安を男として使い物にならないようにしたのだった。コワい!
西村晃が大芝居をする。見ていてクリストフ・ヴァルツに見えた。なんか似てた。
あ、あと、鈴木則文は足フェチなのか、おれんやおまちの足のアップがやたらに多かった。

幾人かの犠牲者が出たところでやっと殴り込みタイムに!

お竜が笠松一家に向かっていると周太郎が現れる。→ お約束!

――あっしもお供いたしやす
――周太郎さん・・・あなたは・・・
――俺の為に行くんだよ
  生まれ故郷のダニをそうじしないと、あの世へ行ってもまた勘当だ


シビれるぅぅ~~!

そして・・・ついこの間同じようなシーンを見たようなデジャヴ感

hbotani08.jpg



===
このワンパターン、楽しみは今回のお竜はどこに行くのか。”ディスカバージャパン” 的な楽しみ。
今回は富岡。ちらっと女工哀史のようなエピソードも見せる。

また、今度は誰が善玉で誰が悪玉か?というキャスティングもささやかな楽しみ。
水島道太郎は戸ヶ崎の親分。東映任侠路線ではじめていい人やってるのを見た。悪役の時と表情筋が違う。
天津敏 相変わらずワルい人。このシリーズで洋装の人はワルと決まってる→新興勢力の象徴だから
お竜の子分志願で、玉川良一、山城新伍
村井国夫が若い!長谷部キャプテンにちと似てた。

戸ヶ崎の親分さんの幼い息子がお竜になついてて 「おばちゃん!」と言う。
22歳でおばちゃんとわ・・・。
寿命五十いくつの時代だと、おばちゃんで已む無しなのね。

お竜さん、まっこと美しかばい

hbotani05.jpg

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cieloluna187.blog32.fc2.com/tb.php/746-4ad0a30b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

緋牡丹博徒 花札勝負 «  | BLOG TOP |  » 緋牡丹博徒

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【10件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【6件】
2017年 05月 【9件】
2017年 04月 【9件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード