2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地獄の黙示録 - 2015.02.18 Wed

【地獄の黙示録】
(1979/APOCALYPSE NOW)



地獄の黙示録 特別完全版 [DVD]地獄の黙示録 特別完全版 [DVD]
(2013/06/26)
マーロン・ブランド/ロバード・デュバル/マーティン・シーン/デニス・ホッパー

商品詳細を見る


戦争物はとてもとてもとても苦手ジャンル。
映画史上有名なこの作品も一生見る機会がないと思っていた。

1979年度(第32回)カンヌ国際映画祭 パルムドール受賞作品




なのになぜ見ることにしたのかと言うと・・・。
先日、町山智浩「映画の見方がわかる本」を読み、見てみたい!と思った。
ただの戦争映画と違うとわかったから。


映画の見方がわかる本―『2001年宇宙の旅』から『未知との遭遇』まで (映画秘宝COLLECTION)映画の見方がわかる本―『2001年宇宙の旅』から『未知との遭遇』まで (映画秘宝COLLECTION)
(2002/08/01)
町山 智浩

商品詳細を見る


ジャングル奥地に自分の王国を築いたカーツ大佐の暗殺を命じられたウィラード大尉。
映画を見る前は、カーツ大佐とウィラードとの対決がメインの話だと思っていた。
(原作ジョセフ・コンラッド【闇の奥】のテーマもこの部分にある)。
ところが映画を実際に見ると、この部分は映画全体の1/5ないしは1/6くらいしかない。

ウィラードはジャングル奥地の王国を目指し、部下四人とオンボロ哨戒艇でヌン川を上って行く。
その途中で遭遇する出来事こそがこの映画のキモだった。

apo06.jpg


一番のエピソードは文句なく、キルゴア中佐(ロバート・デュヴァル)でありましょう。
サーフィンマニアのキルゴアは戦場に ”マイボード”を持参している。
ベトナムでもサーフィンが出来るスポットがあると知り一人盛り上がる。
部下が「そこはベトコンの拠点で危険すぎる」と止めても聞く耳持たない。

それなら辺りを爆撃してしまえばいい
翌朝キルゴアの部隊は、ワーグナーの「ワルキューレ」を鳴り響かせ飛び立つ。
平和な学校の中庭に爆風と共にヘリを着陸させ、逃げる女こどもや老人を射殺する。
そして辺り一帯を爆撃し、村落全てを破壊する。
サーフィンがしたい為に。

ウィラードの船の乗組員の一人ランス・ジョンソンは、本国では有名なトップサーファーだった。
それを知ったキルゴアはコーフン。
一緒に波に乗ろう!君のテクはサイコーだ!とかなんとかはしゃいでる。

部下二人もプロサーファーで、二人に裸になって波を見て来いと命じる。
二人はいやいや海に入るが、海には敵の弾が行き交っている。

ところがヘリの爆風で潮目が変わり海は全く凪いでしまうのだった・・・。

こいつ究極のアホだな(笑)
このキルゴアのブラックすぎるエピソードこそが映画全体を象徴していると言ってもいいのでは。
笑えるけれど笑えない。
米軍は何の為に、何をやりにベトナムに来ているのだろう?

――朝のナパームの匂いは最高だ (キルゴアの名セリフ)

apo04.jpg


キルゴア=サーフィンマニアというのは、脚本を書いたジョン・ミリアスの趣味。
ランス・ジョンソンという名前は、【ビッグウェンズデー】(’78)の主人公マット・ジョンソンとかぶる(ジャン・マイケル=ビンセントが演じた)。

ビッグ ウェンズデー [DVD]ビッグ ウェンズデー [DVD]
(2010/04/21)
ジャン=マイケル・ヴィンセント、ウィリアム・カット 他

商品詳細を見る


さらに川を上ると、ジャングルの中に突如現れる巨大ステージ。
そこにプレイメイトが登場!
兵士たちはコーフンし大混乱が起きる。

ウィラードたち哨戒艇の乗組員たちもミスマッチなこの風景に驚く!
なんだこれは?! こんなところに??
ふざけてる!

そうなのだ。
そのつぶやき通りなのだ。

このプレイメイトたちはホンモノ!
1974年のPLAYMATE OF THE YEAR シンシア・ウッド
apo10.jpg


次に農民の船と遭遇する。
中を調べろとチーフが指示する。
農民は恐れおののいて、何も持ってないと言うばかり。
調べても何もない。
が、奥に何か隠している!
パニックになった乗組員はマシンガンをぶっ放す。
つられた他の隊員も銃を乱射。
ベトナム人は全員死亡する。
奥から出て来たのは白い子犬だった。

なんかもうこういうシーンが次から次に出て来て、やり切れない気持ちでいっぱいになる。
アメリカ軍はベトナム人のことを人と思っていない。
得体の知れない”なにか”ぐらいにしか思っていないのだ。

同時に兵士たちは、自分たちが何の為に、誰と戦っているのかも見失っている。

次にウィラードたちは、ジャングルの奥地に広がるフランス農園に遭遇する。
そこにはかつて入植したフランス人たちがひっそりと暮らしていた。
フランス人の一人が言う

――君らアメリカ人は、歴史にかつてない、最大の「無」の為に戦っている

===
「ベトナムでは、ヤクをキメてジミ・ヘンドリクスを聴きながら戦争してる」
映画はまさにそれを描く。
見ていて、こんなんで戦争してるってありなのか?!頭が混乱してキタ。

とはいえ、そこは紛れもない戦場。
乗組員は一人また一人死んで行く・・・。

そしてとうとうジャングルの奥地、カーツ大佐の”王国”にたどり着くのだった。


===
今ではすっかりビッグになったキャストが若くておもしろい。
乗組員で一番若い「クール」役は、ラリー・フィッシュバーン(=ローレンス・フィッシュバーン。この時のクレジットはラリー)
撮影を始めた時は14歳ぐらいだったとコッポラの妻エレノアが言ってた。

apo02.gif

今はこんなに貫録が・・・

apo11.jpg

乗組員の一人「シェフ」 フレデリック・フォレスト。
apo07.jpg

彼はコッポラ組だったのね。この後、(大コケした)【ワン・フロム・ザ・ハート】【ハメット】(コッポラ製作総指揮)に主演。
↓ この時のフレデリク・フォレスト かっちょよかった~

ハメット [DVD]ハメット [DVD]
(2012/03/16)
フレデリック・フォレスト、マリル・ヘナー 他

商品詳細を見る

ウィラードの前任者、カーツを暗殺しに行って彼に取り込まれてしまった男が、スコット・グレン(若い!)
前半、ウィラードにカーツ暗殺の指令を出すシーンで、ハリソン・フォードがちらっと出演してる。

===
この映画、光の使い方が印象に残る。
特に顕著なのはカーツ大佐のシーン。
光と影のコントラストが強く、顔もはっきり見えない。
カーツ大佐の神秘性がいや増す。

apo08.jpg

他、フランス農園の西日のシーンも。
スタッフを見たら、撮影はなんと、ヴィットリオ・ストラーロではないか?!
光と影の魔術師! 現代のレンブラント!
この作品でアカデミー賞撮影賞を受賞した。
ストラーロは計三回アカデミー賞を受賞している(【レッズ】 【ラストエンペラー】)
彼は劇中、報道ニュース撮影スタッフの一人としてカメオ出演している(コッポラも)

apo01.jpg

===
この映画の撮影現場こそが「地獄」だった!
というこの映画のメイキング・ドキュメンタリー 【ハート・オブ・ダークネス/コッポラの黙示録】 を続けてミタ。

つづく~~

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cieloluna187.blog32.fc2.com/tb.php/737-406271a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハート・オブ・ダークネス コッポラの黙示録 «  | BLOG TOP |  » 十戒

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【10件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【6件】
2017年 05月 【9件】
2017年 04月 【9件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。