2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いてはいけない人 - 2013.10.09 Wed

「いてはいけない人」
(2012/イスラエル+オランダ+パレスチナ/68分)


invisible02.jpg


UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)難民映画祭に行ってキタ。
今年で8回目だそうでございます。初めて行ったど。

@青山学院アスタジオ

 ↑ 青学だけど本校の中ではなく、通りを隔てた対面、無印を入ったところ




ルイ 32歳。親にゲイであることがバレて、イスラエル、テルアビブに逃げて来た。
が、不法入国の為警察に捕まり本国に送り返される。
それでも再びテルアビブへ。それを何度も繰り返し、すでにテルアビブでの生活は8年になる。
そんなルイがやっと難民申請を決心するのだが――


イスラエルが舞台、3人のパレスチナ人ゲイのドキュメンタリ。

最初ルイがテルアビブに逃げて来るのは、ゲイライフをエンジョイしたいからなのかな?と思っていた。
ところが本当の理由は、ゲイであることを許さない父親や親せきに殺されそうだから。
初めからルイの右ほほの傷跡が気になっていたのよね。この人ワルなのかしらと。
そしたら親戚にナイフでやられた時の傷だった! こわ~~

どうやらパレスチナでは、同性愛が法律で禁じられているというより、”社会の規範”の中で身内によって裁かれているもよう。
母国にはゲイであるためいられず、イスラエルにはパレスチナ人であるためいられない。
ルイは、”いてはいけない人”なのだ。

常に警察の目を気にしながら生活するルイ。
イスラエルのLGBT支援組織は彼に難民申請をして第三国に出ることを勧める。
しかしルイは母国を捨てることにふんぎりがつなかい。
言葉は通じない。全く違う文化のところで暮らしたくない。一度出国したらパレスチナに入国出来ない。
何度捕まってもイスラエルにいる方がまし。
自分の文化と同じだし言葉も通じる。いざとなれば故郷に帰ることも出来る。

ほんとにそうだよなあ。もし自分がその立場になったら、やっぱりふんぎれない。
しかもこの難民申請というのがハードルが高い。
自分で国を選べず、どこに行くか、また出国の日も直前まで知らされない。
テルアビブ大学内法科で難民申請のボランティア窓口があったのが興味深かった。
法科学生にとってはトレーニングになり、経験が積める。

アブドゥ 24歳。スパイ容疑で拷問を受けテルアビブに逃げて来た。
若いイケメン。

ファリス 23歳。親に殺されかけテルアビブに。

ルイの行先は? そして、アブドゥとファリスは?

invisible01.jpg

↑ アブドゥはボーイフレンドとラブラブだけど・・・

===
上映終了後、レインボー・アクション(セクシュアル・マイノリティの市民活動団体)の工藤晴子さんがトークゲストとして登壇。
工藤さんは移民・難民プロジェクトチームのチーフとして、日本の入国管理とセクシュアリティの問題に取り組んでいる。

映画だけ見て終わると観客は「どこか遠い国の出来事」(映画祭のコピー)で終わってしまう。
もっと身近なこととして捉えてもらいたいと工藤さんをお招きしたと語る映画祭スタッフさん。

おっしゃる通りでございますよ。
工藤さんのお話を聞いて、日本の現状や私たちが何を理解すべきか勉強になりました。
「難民」というと、母国が紛争で住めないとか、政治的な事情の人とか特別なことと考える。
だけどここに出て来た3人は普通の人たちだ。ただゲイであるというだけ。
言われてみたらそれっておかしな話だよなあ。

日本では昨年2500人が難民申請し、受け入れられたのは18人という。
日本は難民受け入れ最後進国だ。

東京国際レズビアン&ゲイ映画祭でも、イスラエルやパレスチナを描いた作品が上映されるが、何度見ても歴史的背景や地理関係が理解できない。
この日はふだん使わない脳みその筋肉を使った気がした。

当日は150席が満席となり、若者からご高齢の方まで幅広い観客が集まった。
皆さんこういった問題に関心があるんだなと、日頃ノー天気な自分を恥じたチロルなのであった。

===
UNHCR難民映画祭には、UNHCR特使アンジェリーナ・ジョリーさんもコメントを寄せています。
尚、この映画祭、入場料はなく見た人に寄付を募っています。
→ UNHCR難民映画祭公式サイト


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cieloluna187.blog32.fc2.com/tb.php/686-2c2bf052
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黒いスーツの男 «  | BLOG TOP |  » 警察署長

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。