2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソ・ジュンムン プログラム - 2013.06.15 Sat

「AGFFセレクション - ソ・ジュンムン プログラム -」


rec04.jpg


【第4回 アジアン・クイア映画祭(2013)上映作品】

近年韓国では、ゲイであることをカミングアウトした映画監督が増えている。
ソ・ジュンムンもその一人。

前回のアジアンクイア映画祭(以下AQFF)上映作品 ドキュメンタリ <チョンノの奇跡> に出演し、ゲイの監督の苦悩や心情を語った。
彼の新作と旧作を同時上映。




1) 「REC」2011/韓国/66分
ヨンジュンとジュンソクはつきあい始めて5年の記念日に、これまでやったことがない思い出を作ることを決めた。
モーテルに行き、貴重な思い出をビデオカメラに記録する。
しかし夜が深まると二人の愛は何か別のものに代わって行く・・・。


バカップルがビデオカメラを手にいちゃこらこいてる様子が延々と続く。
え、なんなの、これは?!

と、夜が更けて何か違った空気になり・・・
朝に一人の姿がなく、後には結婚式の招待状が残されていた・・・。

<チョンノの奇跡>の中、苦悩していたソ・ジュンムンが、最後にはふっ切れて新作に取りかかっている様子が描かれていた。
あの時の作品は完成したのかしら?
いつか観る機会があるのかしら?
その答えがここにあった。

今年のAQFFの流れなのか、ゲイにおける「望まない結婚」というのが目につく。
韓国は血縁の結束が強く、周りのプレッシャーから逃れられないものがありそう。
日本ではどうなのかしら?
「結婚しない男」の率が年々高くなっているから、独身のままでいても昔のように奇異な目で見られないだろうけど、いろんな事情でプレッシャーから免れられない人も依然いるんだろうなあ。

前半の、いちゃこら部分がちょっと長かったなあ。

上映後主演の二人、チョ・ヘフンとソン・サムドンが登壇。Q&Aに応えた。
撮影は冬の寒い時期で大変だったと話してました。

rec06.jpg



2) 「蛍の光」2007/韓国/26分
若い頃、チャンシクとソンテは恋人同士だった。そんな二人が偶然ロイヤルサンクチュアリパークで再会する。
過去の思い出を留めつつモーテルに行き、二人の関係について話すのだった・・・。

この作品も<チョンノの奇跡>の中で紹介された。2作目の監督作品。
かつて恋人同士だった二人が七十代になり再会しモーテルに行くってすっごい話だな、と思った。
これまた 観たい!と思っていたのが実現!ハッピー!

これは傑作。
片や悠々自適の年金生活を送っているような老人、片や今やホームレス。
やがて過去の”あの日”の話に。
二人だけで遠くへ逃げようと約束していた。
約束の場所、約束の時間、来ない相手をいつまでも待ち続けた。
彼にとって人生はあの日あの場所で止まったまま。

「私には捨てられないものがいろいろあった。わかるだろ」
「だったらどうしてそれを言ってくれなかったの」

rec02.jpg


とてもとてもせつない。
最後に思い出の曲で踊る二人。
布施明 『そっとおやすみ』

この曲が美しくせつなく胸に響く。
昭和のムード歌謡は名曲ぞろいだった。

こんなドラマを26分で作ってしまうってすごい。

rec03.jpg



特選・歌カラベスト3 シクラメンのかほり/霧の摩周湖/そっとおやすみ特選・歌カラベスト3 シクラメンのかほり/霧の摩周湖/そっとおやすみ
(2012/03/07)
布施明

商品詳細を見る


今思えばこの二作品、
モーテルの一室、二人だけの会話という点で同じシチュエーション。
ソ・ジュンムンのこだわりのテーマなのか?

次は長編を観てみたいです。

↓ 監督さんをはさんで
rec01.jpg



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cieloluna187.blog32.fc2.com/tb.php/667-ca8b4797
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イ=ソン・ヒイル監督トリロジー «  | BLOG TOP |  » 短編集B

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。