2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝食、昼食、そして夕食 - 2013.05.23 Thu

「朝食、昼食、そして夕食」
(2010/スペイン+アルゼンチン/18 COMIDAS)


comidas03.jpg

ゲイのための総合情報サイトgladxx に紹介されていた作品。
さすが、gladxx ならではのコラムがすばらしく、つい観に行ってミタ。

@K'S cinema

ここって、こういうけしてメジャーじゃない作品をかけてくれる劇場だよね。
ありがたいこってす。




スペイン巡礼の終点地、サンティアゴ・デ・コンボステラを舞台に、三度の食事の中で垣間見えるそれぞれの人生とは――

いわゆる群像劇であります。
ストリート・ミュージシャン、飲んだくれの男二人、マケドニアの青年、脇役俳優、一夜を共にした男女・・・彼らは互いに交差しながら一つの物語を成していく。

朝食の風景から始まる。
朝っていうのは、なんだか平和だなあと思う。
どの食卓ものどかだ。

昼食へ。物語が動き始める。

ストリート・ミュージシャン エデゥはかつて愛した女性ソルからランチの誘いを受ける。
ソルの家に行ってみると、彼女はわけありの様子。どこかおかしい。
息子が一人いて幸せな結婚生活を送っているはずのソルだが・・・。

アモーレの国、スペイン映画だし、そこはほれ、昼下がりの情事にとーぜん発展するでしょう!と見ていると、そう単純な話じゃないのよね。
この映画ってスペイン映画らしいはっちゃけ感はなく、抑制されたトーンが良い。
comidas02.jpg


さて、この群像劇にゲイのカップルがいた。
美容師のセルヒオと教師のヴィクトール。
ヴィクトールの兄が食事に来るので、セルヒオが料理に腕をふるっている。
ヴィクトールは兄にゲイであることを隠している。

――おまえのその肉体で美容師と聞いたら、ゲイだってモロばれだ。
  体育教師ってことにしよう。

えええ、なにそれ!?
セルヒオをばかにしてんのか。そんな小細工必要あんの?
(モロばれっていうのはたしかに一理あるけど(笑)

セルヒオも一瞬、えっという顔になるが、うんわかったとうなずく。
ヴィクトールを愛してるから。
comidas01.jpg

兄がやって来て食事が始まる。
セルヒオの作った料理を、「さめてる、おいしくない」などとケチをつける。
そこにセルヒオの携帯が鳴る。

♫ おい、おカマ、電話だぞ

という着信ボイスに空気が固まる。

――ともだちがいたずらして設定したんです。
――うちの会社でそんな携帯使っていたら、即クビだ


かんじ悪いことこの上ない兄。当然食事の雰囲気は最悪に。
兄とヴィクトールは口論を始める。

大人になった男兄弟というのはなにか確執があるものだけど・・・。
きっと兄ちゃんにとってヴィクトールは、いつまでもカワイイ弟のままなのね。
その弟がゲイであることが、どうしても受け入れられない。
ヴィクトールも兄の性格をわかっているから、あえて隠し通そうとしたのかも。
comidas04.jpg

セルヒオ、みかけはマッチョなおネエだけど、芯が強くて男前。
岡田屋が描くキャラみたいだった。
ヴィクトールは、クイアアイのテッド風。


タンゴの男 (mellow mellow COMICS)タンゴの男 (mellow mellow COMICS)
(2008/10/29)
岡田屋 鉄蔵

商品詳細を見る



スペインは同性婚が認められている国だけど、全ての国民が同性愛に理解があるわけじゃない。
群像劇の中、自然なかたちでゲイのカップルを登場させるところがいいわよね。
いつか日本映画にもそんな日が来るのだろうか。

そして、夕食・・・。
いくつかの終わりとはじまり。

そんな中、静かにつましい食事をとる老夫婦が印象に残る。
よく出来た群像劇であった。
comidas05.jpg


エドゥ役ルイス・トサルが製作も務めた。

ところで、最近の日本男児はすぐ泣くと批判されているけど、この映画に出て来るスペイン男はハンパない。
ほぼ全員の男が泣いてたんじゃね?

スペインらしいうまそうな料理が出て来て、観終わったら何かうんまいものが食べたくなるのだった。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cieloluna187.blog32.fc2.com/tb.php/662-b5222fee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

愛なんていらない «  | BLOG TOP |  » 素晴らしき存在

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。