2017-10

リビング・エンド - 2012.11.13 Tue

[リビング・エンド]
(1992/THE LIVING END)



Living End [VHS] [Import]Living End [VHS] [Import]
(1997/11/11)
Mike Dytri、Craig Gilmore 他

商品詳細を見る


【 ニュー・クイア・フィルム 】 祭り その2


先日観た <パリ、夜は眠らない。> の記事を書いた際、1990年代初めに、「ニュー・クイア・フィルム」 というウエイブがあったのを知った。
今作もそのひとつ。
昨年の東京国際レズビアン&ゲイ映画祭上映作品 <カブーン!> のグレッグ・アラキ監督作品。




ひあ~~ 純然たるクイア映画だわ。
こんな作品、よく日本で公開されたわね。いい時代だったんだ。

医者からHIV+を告げられたジョンは、ある夜逃亡中のルークを拾う。
魅かれ合った二人は、逃避行の旅に出るのだった・・・。


宿がないというルークを家に連れてきたところでいきなり ”盛り上がる” 二人。

――待って。言っておくことがあるんだ・・・
――たいしたことじゃないさ

って、おいおい、何も言ってないよ、まだ。
と思ったら、ルークもHIV+だった。

livingend01.jpg
ルーク(マイク・ディトリ) & ジョン(クレイグ・ギルモア)


ジョンは映画批評などをやり、友人も多くまっとうな青年。
セーファーセックスを心掛けていたが、どうやらクレイグという性悪にハマったのが運の尽き。

一方ルークはアナーキーでアウトロー、アブないやつ。
一体何人殺したのか、始終銃をちらつかせてキレまくっている。
しかしジョンはそんなルークに強く惹かれるのだった。

livingend02.jpg


二人の旅はどうなるのか?
ルークがキレてジョンを殺してしまうのか?
見ていてハラハラ スリリングだった。
ゲイ版 <テルマ&ルイーズ> !!


テルマ&ルイーズ [Blu-ray]テルマ&ルイーズ [Blu-ray]
(2011/03/18)
スーザン・サランドン、ジーナ・デイビス 他

商品詳細を見る


今作は、「ニュー・クイア・フィルム」 の中でももっとも商業的成功を収めた作品らしい。
なるほど、主役二人が 上玉! 
先の見えない逃避行、心の飢えを満たすかのようにサカりまくる (リバあり) が、主役二人がきれいなので受け入れられる。
刹那的なまぐわいの中にもそこにはたしかに ”ラブ” があるのだった。
このアナーキーなドライブ感がグレッグ・アラキの持ち味なのかな。

livingend03.jpg


この時代はまさにエイズ禍のただ中だったなと遠い目・・・。
一方で、この時代らしい、洋楽ファンヨロコビのセリフ多々あり。

――もともと適応能力のないヤツだから。
  エコー&バニーメンが解散したら2週間落ち込んだんだぜ
――死んだら、ジョイ・ディヴィジョンがもう聴けなくなる
――さっさと家に帰ってスミスのCDを聴くさ


Echo & BunnymenEcho & Bunnymen
(2003/11/12)
Echo & The Bunnymen

商品詳細を見る


===
エンド・クレジットの最後にこんな言葉が。

クレイグ・リーと、
共和党のアホどものおかげで死んだ(死にゆく)
大勢の人々に捧ぐ


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cieloluna187.blog32.fc2.com/tb.php/612-0621722d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トータリー・ファックト・アップ «  | BLOG TOP |  » パリ、夜は眠らない。

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【10件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【6件】
2017年 05月 【9件】
2017年 04月 【9件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード