2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルリン・ラブ・パニック - 2012.09.27 Thu

「ベルリン・ラブ・パニック」
(2012/ドイツ/MEN TO KISS)

mento07.jpg


【第21回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(2012)上映作品】


なんでも、ドイツ映画初のゲイ(コメデイ)映画らしい。

え、ドイツなんてベルリン映画祭のお膝元でもあなのに、それって意外~~!




お堅い銀行員のエルンストと自由奔放なトビアスは、正反対の性格ながらも深く愛し合っているカップル。
ある日、二人のアパートにエルンストの幼なじみのウタが転がり込んでくる。
実はウタには、エルンストをモノにしようとする邪悪な計画があった。

前半はトビアスの自由でぶっ飛んだ発想の数々で笑いを取る。
根がマジメなエルンストにとっては、トビアスのそんなところが新鮮に映る。
トビアスは社交的で友人も多い。

mento01.jpg


そこに現れたウタ。しょっぱなから好戦的でヤな女なことこの上なし。
挙句、陰でエルンストと別れろとトビアスを脅す(マジ怖かったッス)

mento05.jpg


後半二人の仲がこじれると、トビアスのユニークな行動がエルンストにはエキセントリックに見え始める。
自分はトビアスの友だちと仲良くやっているのに、どうしてウタにやさしくできないのか?
ウタを受け入れられないトビアスに苛立ちを募らせるエルンスト。

相手の友だちをどうしても好きになれないことってままあったりするよね。
ちょっと身につまされたり。

と、ウタの巧妙なワナにはまり、結局二人はケンカ別れしてしまう。

mento06.jpg かわいそうなトビアス


トビアスが出て行ったアパートにウタが入り込む。してやったり。
本当に二人のラブは終わりなのか?


ウタとエルンストは幼なじみで二人の絆は強い。
エルンストはウタにカミングアウト済みなんだけど、表面上では理解を示しながらウタはそれを受け入れることが出来ないもよう。
大好きなエルンストを誰にも渡したくないというこどもっぽい独占欲?
それにしてはやることが怖ろしすぎるぞ。
この人は人格が崩壊しているのか? と思うくらいアブない人だった。
彼女の描き方にミソジニーの匂いも感じる。

ま、とにかく ポップで楽しいドタバタコメデイなのだった。


===
上映終了後、主演兼プロデューサーの二人、フランク・クリスチャン・マルクスさんとウド・ラッツさん登場!
進行はエスムラルダさん、通訳は飯田ひろみさん。

mentokiss01.jpg


饒舌なフランクとシャイなウド、劇中の役どころは実は二人逆なキャラだそうな。
フランクはノリノリで撮影時のいろいろなエピソードを話してくれました。
ウタ役 Alexandra Starnitzky こそ全く役と逆でとってもシャイな人なんだとか。

そうそう、来日して二人で葉山に出かけた時、丁度天皇皇后両陛下が船から降りてらっしゃるところに遭遇。
握手までしてもらったと感激していた。
「miracle!」 とコーフンして話すフランクが微笑ましかった。

今作が好評の為、続編製作の話も進行しているとのことです。

ところで 

mento02.jpg

↑ エンディングのNG特集のワンシーン。
左のイケメン=トビアスのともだちとエルンスト。
こんな展開、本編では全くなかったのになぜこのシーン?
とQ&Aでツッコんでくれたおにーさん、ありがとう。

彼とこういうシーンをやってみたかったんだ(笑) とかわすフランク。
ほんとにねえ、カレ、イケメンでステキでした。そういうのも見たかったかも(笑)


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cieloluna187.blog32.fc2.com/tb.php/598-b05c36f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

彼と彼女のゲイビー大作戦 «  | BLOG TOP |  » VITO/ヴィト

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。