2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四大天王 - 2007.11.29 Thu

「四大天王」
(2006/HKG/THE HEAVENLY KINGS)


gaudi-inc_1975_2343048.jpg


呉彦祖プロデュースの男性バンド「Alive」がデビュー後に仲間割れをしながらも成功を掴み取るまでの日々。
単なるアイドルものに終わらず、香港音楽業界の恥部も描いている。
ユニークなタイトルバックのアニメーションは必見!
(中国映画祭2007 公式サイトより)

呉彦祖(ダニエル・ウー) 2007香港電影金像賞 新人監督賞受賞作品

ゲー!!
こりゃ、ブッ飛んだ作品!
とにかく 爆笑 の連続!

中国映画祭にダニエルが舞台挨拶に来ると知り、あわててチケット買いに走りました。

中国映画祭2007 @草月ホール




これ、ダニエルが金像賞を獲った時から見たくて見たくて。
香港のネット通販で買い、既に見ていたんですが、なんせ英語字幕だったんで、いっぱいいっぱい。
今回大きなスクリーンで、”日本語字幕”で見ることが出来て良かったです(ほっ)

ジャッキー・チェン事務所の俳優 四人が、ボーイズバンドを立ち上げよう、というところから話は始まる。
ダニエルとテレンスはいいとして、連凱(アンドリュー・リェン)、陳子聰(コンロイ・チャン)は知らなかったのだが、これがなかなか。
アンドリューは、男前だし、コンロイは二丁目に行ったら、モテモテくん間違いなし! 
キャラも良し!
――こんなデブがポップスターになれるかどうか挑戦だよ。 ハハ

このバンド ALIVE をカメラはドキュメンタリータッチで追って行く。
あこぎなレコード会社の契約問題、レコーディング、ダンスレッスン、資金調達の為のタイアップ契約、イメージ作りの衣装、マスコミ利用の戦略。

バンドとしてデビューするには、様々なコンテンツがある。
そういった香港音楽業界の内情を浮き彫りにして行く。

king09.jpg
ビシっと一発決めた後――

king10.jpg
テレンスがおならをして、くせー!と、みな避難してるとこ

この辺りが、ドキュメンタリーならではのノリなのです。


まず最初に笑えるのが、音楽プロデューサーの話
――CDデビューしているテレンスは別格として、アンドリューは本番に弱いけど良し、コンロイもまあ良し、問題はダニエル、最悪だ・・・やる気だけはあるけど・・・。
本気で手首を切りたくなったよ。


プロデューサーの向こうで、ノリノリで歌うダニエルに爆笑!

しかし、今は技術の進歩で、<ヴォーカル修正プログラム> なるものがある。
最悪のダニエルのヴォーカルでさえ、それなりに仕上がってしまうのだ。

この作品のうまいところは、有名スターのインタヴューが挿入されているところ。
ここで、張學友(ジャッキー・チュン)が言う。

――今や、歌がうまくなくても、顔が良ければスターになれる時代なんだよ。

カレン・モクが言う。

――ツアーの準備には、4か月は必要ね。

そして突然、ALIVE にツアーの話が・・・。
<F4> がツアーをキャンセルして来たおかげ、というとこが又笑える。
香港、台湾、上海 の三ケ所。しかし、最初の香港公演まで、2週間しかない。
先のカレン・モクの話から、2週間というのがいかに無謀かがわかる。

一番笑えるのが、有名スタイリストに衣裳のスタイリングをしてもらうシーン。
チワワをだっこして、おネエ丸出しのスタイリストのスタイリングは――

テーマ 1 : アフリカの 「熱帯雨林」

king02.jpg
テレンスが、アフリカの熱帯雨林?!と突っ込んでるとこ

テーマ 2 : ラテン・ラヴァー
だって、ALIVE は、<愛> でしょ?!
ラテンよ!

king03.jpg


テーマ 3 : KISS 風


kings01.jpg

ALIVE は、その辺のチンケなバンドじゃないでしょ。
インターナショナルよ。
そしたら、グラマラス じゃなくちゃ。
ダンダン(=ダニエル)、ここにソックス入れましょ。
と、ソックスを筒状にして、ダニエルの股間に。

king05.jpg
となりは、テレンスの股間です。

ついでに股間アップ画像です。

king04.jpg


この股間服が気に入らなかったのか、テレンスは完全にブチ切れます!
テレンスは、シンプル&ストレート、日本語で言えば、直情型、いえ、単純バカ。
「こんなバカらしい服、着てられっかよ!」
と、爆発。 なだめるダニエル。

king06.jpg
着替えはあと1ケだから、ね、テレンス

尚、この映画でダニが脱ぐのはこのナマ着替えだけなので、画像をのっけてみた。
テレンス、困ったちゃんですね。 でもそこがキュートなので許す!

テーマ 4 : YMCA ヴィレッジ・ピープル風

(ちょっと、露出が多くないですか?)
ALIVE は、<SEX> よ!
HOT じゃなくちゃ!

king07.jpg
こめかみをピクピクさせているテレンス

ダニエルの脇腰骨の辺りの筋肉がステキですね。(何筋っていうのか?)

この辺りのシーンは、YouTube にありました。




まあ、そんなこんなでツアーに出るのだが――
バンドにお定まりの内紛― 優等生タイプのダニエルとアンドリュー、
万事現場主義(大雑把でいいかげん、ともいう)のテレンスとコンロイ。

――ダニエルは何でも自分で仕切りたがるのさ

と、メンバー批判。
新聞は、「ALIVE メンバーが大ゲンカ」 と書き立てる。

次のツアー先に移動する朝、前の晩ファンの女の子と夜遊びして戻ってこないテレンス。
テレンス抜きで飛行機は飛び立つ。
胃薬を飲み続けるダニエル。
本番開始10分前、ようやくテレンスが現れる。

本番終了後―― 
本番に間に合ったし、ファンは喜んでくれたからいいじゃないか。
全く反省の色がないテレンス。 それに同調するコンロイ。
ブチ切れたダニエルは、控室を出て行き、そのまま行方がわからなくなる。
八方手を尽くすが、ダニエルの居所はわからず。
どうやらダニエルは以前から精神科医にかかっていたらしい。

数日後、最後のツアー公演。
本番に、ダニエルは来るのか?
来なければ、三人でやるのか?
果たして――

この映画には、最後に とんでもないオチ がある。

活動開始後にマスコミで取りざたされたメンバーの不和説やCD発売キャンセル事件をはじめ、実はユニット結成そのものがこの映画のために仕組まれた一大プロジェクトだった!
全ては、”基本的には” ダニエルの脚本通りの物語であったのだ。

一年半に亘って、フェイクのバンド活動をする、という長大な計画。
この計画を知っていたのは、ごく一部の人だけ。
マスコミもファンもだまされていたわけだ。
たいした 企画・演出力である。

又、この作品は、アニメーションが挿入されるという凝りよう。
それも、いくつかのバージョンがあり、テリー・ギリアム(in モンテイ・パイソン)風シュールなものから、アメコミ風ポップなものまで。
ダニエルって、こんなすごい才能があったのか と驚きです。
ファンはもちろん、ファンでない人も文句なく楽しめる作品。

2年前、ALIVE が結成された、と聞いた時、私は香港映画から離れていた時期だった。
それでもやっぱり気になって、ALIVE のサイトに行ってみた。
あのダニエルが・・・??
昔 「ダニエルはCDを出さないの?」 という質問に、
「僕は歌は全然ダメなんだ。CDデビューは絶対ないよ」
と答えていたダニエルが、今更 バンド??

ALIVE は、CDを出さず、サイトから無料で楽曲をダウンロードする方式になっていた。
なぜ? 無料?

その当時、テレンスが花婿になった画像があり、なぜ? と思ったもんだ。
それらの答えは全てこの映画の中にあった。
↓その時の画像
tere22.jpg
プロモーションの費用を稼ぐ為、ALIVE は、ブライダル会社のCMキャンペーンの仕事をしていたのです

ダニのものせておきます。
いい男です。
king01.jpg



さて、映画祭でのダニエルのティ―チ・イン : 映画製作の裏話などはこの後に――。
しばし、待たれよ。

YouTube での <四大天王> トレイラー:



最後に、テレンスが謝っているのは、自分がおならをしたからです。
みなさん、これでテレンスのこと、ケーベツしないでくださいね(って言っても無理か?!)

映画の中でさんざん聴かされて、頭から離れない彼らの楽曲
<Adam Choice> のYouTube:



出だしのとこのヴォーカル、ほんとヘッタクソだな。
急にうまくなったとこが、テレンスよ。
途中、英語のラップみたいなとこだけ、ダニエル担当。
このPV、浜辺でバレーボールみたいなのをしているんだけど、
撮影の時、コンロイが、「なんか、ゲイっぽいな」 とつぶやいていた。
たしかに、似たようなシーンが、「美少年の恋」 にありましたが・・・。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cieloluna187.blog32.fc2.com/tb.php/49-053581b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

四大天王 ダニエル監督 登場! «  | BLOG TOP |  » ゾンビーノ

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。