2017-10

ブレイド 3 - 2007.12.02 Sun

「ブレイド 3」
(2004/BLADE TRINITY)


ブレイド3 アンレイテッド・コレクターズ・エディションブレイド3 アンレイテッド・コレクターズ・エディション
(2005/12/22)
ウェズリー・スナイプス、クリス・クリストファーソン 他

商品詳細を見る


ヴァンパイア・ハンターのブレイドは、ヴァンパイアと誤って人間を殺したことからFBIに捕らえられてしまう。
そんなブレイドを助け出したのは、人間のヴァンパイア・ハンター・チーム “ナイトウォーカー” だった。
その面々から、ブレイドはヴァンパイアたちがすべての吸血鬼の始祖で“ドラキュラ”とも呼ばれるドレイクを復活させたことを知る。
スタイリッシュなアクションで人気の『ブレイド』シリーズの完結編。


<People>誌のランキング記事(11/16) をUPしていた時、3位に入った 
ライアン・レイノルズ の画像を検索していたら、
半裸で手錠につながれたライアン画像 があり、気になってしょうがなかった。
そしたら、mixi/たみきさんちで 「ブレイド3」のシーンとわかり、早速 TSUTAYA DISCAS で チェーック!

急遽開催!
<ひとり ライアン・レイノルズ 祭り 第一弾!>
シリーズ物の #3だけど、話ついて行けるのかしら?
ま、何でもいいやね。
ライアンの半裸に手錠を見る為なんだから。
と、例によって、ゆるい気持ちで見始めたら――



これ、MARVEL 作品だったのね!
俄然、気分は、UP!
MARVEL って、スキだわあ。
MARVELの世界観って、すんなり入って行けるのよね。

ヴァンパイア VS ヴァンパイアハンターの話でした。

ライアンは、主役のブレイド(ウエズリー・スナイプス)と共に戦う仲間の一人。
他に、ジェシカ・ビールも出てて、ゴーカです!
このジェシカたん、超かっこええです。

blade11.jpg


前半、ライアンはいきなり、へそ下何寸かの <秘所> を見せるのです!

blade01.jpg

ぐへへ。

実は元ヴァンパイアだったと、その印である刺青をブレイドに見せたのでした。
なぜ、そんな危うい場所?
他のヴァンパイアは、手首とか腕とかなんですけどね。
この監督は、ライアンの使いどころを心得ているとみた。

強敵 ヴァンパイア軍団にアジトを襲撃され、仲間は皆殺し。
なのに、ライアンだけ殺されずに拉致されます。
なぜって、
半裸に手錠シーンが待ってるからよ~!

三連発!!

blade03.jpg


blade02.jpg


blade04.jpg


過去に画像検索した際、今イチ鮮明なのがない!と思ったのだが、本編を見てわかった。
暗い部屋に軟禁されているので、照明の具合が悪いんだな。
おまけに、逆光も入って、キャプチャするのに不都合な条件なんです。

ライアンがヴァンパイア奴隷時代、彼のマスターだった女ヴァンパイアにいいようにぶちのめされるのですが、これがけっこ見ててカイカ~ン!

blade_reynolds.jpg

平手打ちされたり、ハイヒールで踏み付けられたりします☆

blade05.jpg
この情けない表情が ”Sゴコロ” を誘います。

こういうシーンが大好きな人を知っています。
絵師 田亀源五郎センセです。
センセは、こういうのが大好物のはず・・・。

ウィルトゥース (オークラコミックス) (オークラコミックス)ウィルトゥース (オークラコミックス) (オークラコミックス)
(2007/10/12)
田亀 源五郎

商品詳細を見る



ライアンは、コミカルな演技もうまく、なかなか良いです。
とにかくとってもチャーミングでした。

作品としておもしろく観られました。
ウェズリー・スナイプスが時々、長淵剛に見えました。

ところで、ライアンは今、スカーレット・ヨハンソンとラブラブです。
しかーし、スカー女 恋多き女、この先どうなるのか?!

285.johansson.reynolds.0515.jpg


1ryan-reynolds-scarlett-johansson1
いい男食いのスカー女 ニクい!


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cieloluna187.blog32.fc2.com/tb.php/47-3a8fa5e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダブル・バウンド «  | BLOG TOP |  » 四大天王 ダニエル監督 登場!

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【10件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【6件】
2017年 05月 【9件】
2017年 04月 【9件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード