2017-10

モダン・ラブ - 2008.06.15 Sun

「モダン・ラブ」
(1999/UK/QUEER AS FOLK)


qaf01.jpg



ハンサムでリッチなスチュワートは、ゲイ・ストリートでその存在を知らぬ者はいないほど。
親友のヴィンスは誰にでも好かれる人当たりのいい性格だが、いま一つ自分に自信が持てないでいる。
スチュワートに長い間想いを寄せているが、一向にかなう様子はない――
イギリスのTV局チャンネル4が放った、新しいタイプのゲイを主人公としたドラマ。
放映されるやイギリス全土にセンセーションを巻き起こした。 


【第9回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(2000)上映作品】


イギリス チャンネル4で放送されたテレビシリーズ。
全10話の内、映画祭で最初の4話が上映された。

えー、これはTOMCAT先生の専門分野なので、ま、私的勝手に感想ということでひとつ。




もうこれはハマりました。
最初観た時、過激な描写にド肝抜かれたもんね。
これをTVで放送してたイギリスつう国は、やっぱり違うわ。
これをお茶の間で観るって・・・。

主人公 スチュワートのハッテンぶりに呆れちゃう。
仕事は出来るし、ハンサム&リッチなんだけど、この人ちょっとおかしいと思うよ。
新しいクライアントと会ったその日に会社のトイレで・・・(以下自粛)。
クラブでやった後(なにを?) 家に帰って来て、今度はネットで男漁り。
マイケル・ダグラスがヨメに行かされていたセックス中毒・セラビーに入った方がいいよ。
とにかくヤリ○ンだし、性格は悪いし、突っ込みドコロ満載。

過激な描写だけでなく、このシリーズは進んだイギリスのゲイ事情に驚かされることしきりだった。
まず最初に、スチュとレズビアンカップルとの人工授精による妊娠・出産。
ほえ~、イギリスではゲイもレズビアンもこどもが持てるんだ! 
そりゃ、こどもの父親の人となりがわかっていた方が安心だわよね。
ハンサムだしリッチだけど、あの性格の悪さの遺伝子をどう考えているのか?
ビアン・カップルに問い質したい!

スチュも精子を提供しただけかと思ったら、子育てにも関わっていて、ビアン・カップルに頼まれて、たまにこどもを預かったりしてさ。その新しい関係性にほんと驚いたな。
奇しくも、この年の映画祭、先にブログに上げた <リック&スティーブ>(6/09)も、ゲイとビアンのカップルが協力して子作りする話であったな。
この辺の現在の日本の実情はどうなのか?

あと、印象深いエピソードとしては、仲間の一人がエイズで死ぬのよね。(注・追記ご参照)
で、死んだ途端、スチュがそのともだちのアパートに直行して、ゲイ関連のヤバいビデオや本、グッズなんかを箱に放り込んで回収するの。
部屋に入った家族がショックを受けるから。
この時は、スチュのこと見直したな。やっぱ頭は切れるのよね。

スチュがたらし込んだ高校生のネイサン(16)、学校内のゲイバッシングとか、いろんな問題が提起されてて考えさせられたり。

qaf05.gif
これで 16歳・・・

一方、人のいいヴィンス、ずっとスチュに片思い。
報われない恋をあきらめ、新しい恋に。
このヴィンスの相手、キャメロン ステキ☆おやじ!
ステキなのよお~!
知的で優しくて、何よりヴィンスのことを大切にしてくれて。
だけど、ヴィンスはやっぱりスチュのことを諦めきれない・・・(バカね)。

断言しよう。
このシリーズを見ていた人の99%は、身悶えしながらこう思ったに違いない。
「やめとけ、スチュなんて! キャメロンにしとけよ~!!」

QAF02.jpg
キャメロン  ステキ☆おやじ
ピーター・オブライエンつう名前だったのか・・・


QAF03.jpg
若い時はこんな顔 (マジっすか!)
歳取ってからの方がだんぜんいいなあ


ヴィンス達はいつも ≪バビロン≫つうクラブに入り浸っているんだけど、ある時 リック・アストリーの曲がかかるのよ。
そしたら、仲間の一人が、
「ああ、なつかしい、リック・アストリー・・・その昔、何回 ”お世話になった” かしら?」
なんてセリフに爆笑したり。
そういえば、最近某所で最近のリック・アストリーちゃんの画像を見たんだった。

Whenever You Need SomebodyWhenever You Need Somebody
(1990/10/25)
Rick Astley

商品詳細を見る


qaf06.jpg
キュートなおっさん☆

スチュワート、ヴィンス、ネイサン、それぞれの生きる道はどうなるのか――
明日はどっちだ!


尚、これは UK版で、この後 USA版TVシリーズが製作された。(未見)


さて、映画祭での上映は、
<ラベンダーアワー(Vシアター135)スペシャル> 
と銘打ち、5話以降を観たい人はスカパーでみてね☆ という番宣でもありました。
(はい、もちろん観ましたよ!)

この <ラベンダーアワー> というのは、スカイパーフェクトTV のPPVで、クイアな作品限定でプログラムが組まれた素晴らしい企画でした。(深夜3時ごろの放送枠)
プログラムは2週間で替わり、そのセレクションのレベルが高いこと!

デレク・ジャーマン特集 <THE LAST OF ENGLAND> <EDWARD Ⅱ> <ヴィトゲンシュタイン>に、もちろん<カラヴァッジョ>、ブルース・ラ・ブルース作品を知ったのもここだった。
一方、、<LATIN BOYS GO TO HELL> といった訳のわからないB級映画をやったかと思うと、日本のドキュメンタリ映画があったり。
この<大阪ストーリー>という作品は、ゲイでもある中田統一監督が、留学先の英国国立映画テレビ学校の卒業制作として撮ったもの。
ゲイ、在日韓国人、家族・・・といった題材を中心にしたドキュメンタリで、監督自身が母親にインタビューしてたりして興味深い作品だった。監督も魅力的(そこか!)。
レズビアン映画もあり、<GO FISH> なんかやってたな。

だけどやっぱりマイノリティなのかしらね。ペイしなかったのか、1年くらいで終わってしまった。

この後、数年のインターバルの後、2年くらい前に似たような企画が立ち上がりました。(ch100)
だけどこちらはゲイポルノばかりで似て非なるものでした。
ほんと、いい企画だった。残念です。
<ラベンダーアワー> に関しては、是非記しておきたいと思っていたのでした。


ラスト・オブ・イングランドラスト・オブ・イングランド
(2000/07/25)
ティルダ・スウィントン

商品詳細を見る
ジャーマン組 ティルダ・スウイントンは今年アカデミー助演女優賞受賞しましたね


ヴィトゲンシュタインヴィトゲンシュタイン
(2000/09/26)
カール・ジョンソン

商品詳細を見る
すいません、正直、訳わからんかったとです

Latin Boys Go to HellLatin Boys Go to Hell
(2000/09/26)
OssaDavila

商品詳細を見る
   
   あら、あったのね



[ 追  記 ] (6/18)

訂正あり
TOMCAT先生からご指摘いただきました。
本文中 「仲間の一人がエイズで死ぬ」 ではなく
「3話目で死ぬフィルは道で拾ったボーイに勧められて使った麻薬のアナフラキシーショックで亡くなった」 が 正しいそうです。
言われてみたら、そうだった・・・(ような)。
いつもいい加減ですまんです。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cieloluna187.blog32.fc2.com/tb.php/450-67d9613a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ユー・アイ・ラブ «  | BLOG TOP |  » リック&スティーブ

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【10件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【6件】
2017年 05月 【9件】
2017年 04月 【9件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード