2017-10

エンジェル - 2007.12.10 Mon

「エンジェル」
(2007/ベルギー=イギリス=フランス/ANGEL)


angel12.jpg


20世紀初頭のイギリス。
エンジェル・デヴェレルは、幼いころから上流階級の生活に強烈な憧れを抱き、近くにあるお屋敷“パラダイス”に住むことを夢見ている少女。
その憧れを小説として書き綴ることで、16歳にして作家デビューを果たし、思い描いた人生を手に入れる。
人気作家としての名声、“パラダイス” での贅沢な暮らし、そして上流階級出身の画家との結婚。
夢をすべて実現したエンジェルだったが、やがて驚愕の真実を知ることとなる…。
『8人の女たち』 『スイミング・プール』 のフランソワ・オゾン監督が、往年のハリウッドの名作に捧げられた遊び心いっぱいのオマージュをちりばめ、女の見果てぬ夢を鮮やかに描き出した一作。


常に目が離せない フランソワ・オゾンの新作、 早速観て来た。

TV Taro 試写 @一ツ橋ホール
16歳にして作家デビューし、人気作家としての地位・名声を手に入れたエンジェル。
16歳のエンジェルは、高慢ちきでサイコー ヤな女だ。
ま、さしずめ、エ○カ様といった、女王様キャラか。

父を早くになくし、母が営む食料品店の娘。
「パパはほんとの父親でなく、自分は実は貴族の娘だった」

などと言い、母親を怒らせ、悲しませる。
夢見がちな少女、といえばそれまでだが、それを超えた危うさがある。

彼女は生まれた古い小さな街を出たことがなく、彼女が書く貴族社会を舞台にしたロマンス小説は、すべて想像力を駆使して書いたものである。
又、自分の妄想と執筆で忙しく、他の作家の本を読んだことがない、というのもユニークだ。

出版社社長(サム・ニール)が、二三指摘する。

―― ここ 「シャンパンを栓抜きを使って開けた」 とあるが、
   シャンパンは栓抜きを使わないんだよ。
―― ・・・
   いえ、それでいいんです。 一言一句訂正はお断りします。


このシーンが、彼女の生き方を端的に表している。
彼女の作品は、想像の中の産物なので、こういう齟齬が生じるが、それを押し通してしまう頑ななまでの矜持。
しかし、その後一人になった駅のベンチで、感極まって泣き出すエンジェル。
この涙が彼女の複雑な胸の内を物語っているいいシーンだ。

この後出版された本を読んだ母と叔母が、
―― あの子は、一体どうやって ”あのこと” まで知ったのかね
と不思議がる件が笑える。

やがてこれが市井の女性たちの現実逃避とヒロイン願望を触発し、一躍人気作家になる。
→ リアリテイの欠如が、かえって 「女受け」 するつうのはわかるな。
 ○流ドラマに見る、事故・破産・記憶喪失などなど、ありえねー要素がむしろ受ける現象。

そして、あやうい魅力の画家 エズメと出会う――

フランソワ・オゾンは、ゲイらしい視点で、ヒロイン エンジェルに、時に寄り添い、時に冷たく突き放す。
オゾンは原作を読んで、一目でエンジェルに恋したという。
そっか、よく考えたら、エンジェルって、典型的 <ビッチキャラ> だもんね。
ゲイが好きなタイプよ。 納得。

オゾンは言う。
――僕は、男性の方が実は女性を描けるメリットがあると思う。
   男性の目で少し距離をおいて、女性を客観的に理解できるから


angel11.jpg


エズメ役 マイケル・ファスベンダー は、レイフ・ファインズとユアン・マクレガーを足して2で割ったようなイギリス男!
と思ったら、西独 ハイデルベルグ生まれ、アイルランド育ちだそうな。
いかにも性質が悪そうで、ちょっと萌えませんでした。(顔もデカい)
(<300>に出たらしいんだけど、どこに出たのか?)

が、片足を失い、戦場から帰って来たエズメがベッドインする際、服を脱ぐところを、カメラは彼の背後から追うのだが、その後姿がリアルでエロティックなのだ。
背骨が浮き出てごつごつとした身体は、戦場と負傷で疲弊した様子を物語る。
それがかえって、みょーなエロティシズムなのだった。
このカメラは、オゾンのゲイ的視線だわね。

エロティックといえば、
エンジェルの秘書にして、エズメの姉、ノラ。 彼女の信奉者、無償の愛で彼女に尽くす。

angel14.jpg


執筆に疲れたエンジェルをマッサージしているところなのだが、こういうシーンに、オゾン独特のエロティシズムを感じる。

服がそのまま、その時の人となりを表現しているのが、おもしろいと思った。
この記事のトップ画像、エンジェルの人生 最高潮の時は、もちろん真紅のドレス。
衣装が美しいです。

大河ロマンス小説のような一作。
私は 単純に、 <風と共に去りぬ> スカーレット・オハラを思い浮かべた。

フランソワ・オゾンのインタヴューによると、「スイミング・プール」(’03)も、実は「エンジェル」の原作から着想を得たという。

――「スイミング~」の女性作家は、作品に実人生を取り込む。
   「エンジェル」では、実人生に作品世界を取り込む。
   対照的に楽しめるはず。


そっか! なるほどね~ 


ところで主役を演じた ロモーラ・ガライ クランク・アップ後の姿を見たら・・・別人!!
映画の中ではまばゆいくらいの美しさだったけど、素の顔はその辺にいるねーちゃんだな。
おそらく体重も、10kgくらい肥えたのでは?
(上のエズメとの2ショット画像のあごのラインと比べてみてよ!)
となりのフランソワちゃん、最近頭髪の方がヤバい気がするのは私だけ~?
(’67年生まれ 40歳です)

angel13.jpg


ファスベンダー in <300> ありますた。 これ! 

angel15.jpg
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cieloluna187.blog32.fc2.com/tb.php/44-734e2840
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花蓮の夏 «  | BLOG TOP |  » 悪魔の棲む家(2005)

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【10件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【6件】
2017年 05月 【9件】
2017年 04月 【9件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード