2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 眠れる美女 (ドイツ版) - 2011.03.10 Thu

「眠れる美女」
(2005/ドイツ/Das Haus Der Schlafenden Schonen/
House of the Sleeping Beauties)


sleeping01.jpg


文豪、川端康成の傑作『眠れる美女』を、俳優として活躍するほか、監督としてもカンヌ映画祭で受賞経験を持つバディム・グロワナ監督が映画化。眠っている若い娘と添い寝することの出来る秘密の家を舞台に、退廃的であるがゆえに官能性のある物語が展開する。日本を舞台に綴られた傑作が、ドイツでどのように映画化されたのか期待は尽きない。


数年前にカワバタの原作を読もうとしたのは、この作品が封切られたからなのだった。
当時前売りも買ったのに見そびれてしまった。
今回DVDにてやっと見ることが出来ました。

さて、ドイツ人監督 ヴァディム・グロウナ は、どう料理しているのかしら?
ちょうど原作を読み終わったところだったので、原作と比較しながら見てみた。



・・・

・・・

率直な感想として、凡庸な作品だな。
「眠れる美女の館」という設定だけ借りて来て、後の脚色は監督独自の世界観になっている。
もちろん映画化作品なので原作とは別物、それはいいんだけど。

原作の 「老い、生と性」 というテーマが、ここでは希薄になっている。

主人公エドモンド(グロウナ監督自身が主演) は実業家で、秘書やお抱え運転手がいる。
つまり今だ社会とのつながりを持っていて、仕事をこなすくらいエネルギーがあるということだ。
原作の、既に隠居生活の老人たちというのとは違う。

彼のテーマは 「老い」 ではなく 「孤独」だ。
エドモンドは妻と娘を15年前に自動車事故で亡くしている。実は自殺と言われている。

原作では娘も嫁ぎ、老妻と静かな生活を送っている老人の ”密やかな楽しみ” という 「秘密の館」 だが、エドモンドは秘書にも館の女(やり手婆あ)にも ”女” を感じている節がある。
こんな館に来ないで、ふつーの館に行けよ、と言いたくなる。

また、眠れる美女と一夜を明かすだけという抑制の利いた設定が、ここではみょーになまなましい。
原作では寝巻きを着て女の傍らに横たはるのが、ここではオヤジもゼンラになってしまう(見たくないしぃ)。
娘へのおさわりもちとやりすぎだしな。
この辺りの感覚は、洋の東西の違いというものだろうか?

エドモンドに館を紹介する友人コーギ(原作では木賀、音がちょっと似てるかも)、マクシミリアン・シェルが演じている。

眠れる美女 : 若いドイツ娘たちがみなきれいでカワイかった。


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cieloluna187.blog32.fc2.com/tb.php/397-55772897
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

青空娘 «  | BLOG TOP |  » 小説 眠れる美女

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。