2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刑法175条 - 2007.12.25 Tue

「刑法175条」
(2000/USA/Paragraph 175)


PARA01.png


ナチスによる迫害が、ユダヤ人だけではなく同性愛者にもおよんでいたことはあまり知られていない。
この映画は同性愛者を差別するドイツの “刑法175条” によって迫害を受けたゲイ男性たちとひとりのレズビアンについて、歴史に隠された一面を聞き出している。
ハインツは強制収容所での体験を告白し、フランス人ピエールは自分のボーイフレンドが虐殺されるのを目撃し、ユダヤ人のガドは地下抵抗組織の指導者としての経験を語る。


ロブ・エプスタインつながりでひとつ。

そういえば、前にロブ作品を観たなあと、思い出した。
こちらのナレーションは、なんと! ルパート・エヴァレット!
キャステイングがデキすぎだよ~、ロブ!



物語は、米国ホロコースト博物館のスタッフである若者 ミューラーが、同性愛でキャンプ(=強制収容所)に送られた人の内、存命している十人を訪ねて話を聞くというスタイルを取っている。
(ミューラーは典型的ゲルマン顔、アメリカ人であるが、ドイツ語もフランス語も堪能)
今、八十、九十歳の人々が当時を語る、というのは、戦争のドキュメンタリによくある光景であるが、このフィルムで特徴的なのは、平和で幸福な時代の、それぞれの <ラブの思い出> を皆嬉しそうに語るのである。

悲惨な話ばかり、これでもかと聞かされるのかと思ったら、とんだ肩すかし!
こういう切り口、いいじゃん! さすが!!
今はおじいちゃんの若かりし頃の写真もたくさん出て来る。 皆若く美しい。(若いってコトがすなわち美しいからね)

奇跡のように難を逃れたレズビアンのばーさん、看守にいじめられた悲惨な経験をしたフランス人のおじいちゃんなど、バラエティに富む。
その中に、おめでたいかわいいおじいちゃんがいた。
釈放されて故郷の村に戻ったら、村には女しかいなかったという。
それでこのおじいちゃんは、即、陸軍に入隊する。

――男たちと一緒にいたかったからね。軍隊に入るしかなかったんだ。

で、このおじいちゃんは、軍隊はすごく楽しくて、戦争で嫌な思い出はひとつもないよ、とかいう。
このおじいちゃんはやたらと写真をいっぱい持っていて、軍隊時代の写真を見ると、キュートでみんなにかわいがられたんだなあ、というのがわかる。(戦後、美術監督になったという)
このおじいちゃんがたしか、トップの画像の人だったと思う。

冒頭のおじいちゃん、列車に乗っていて爆撃にあったという。
爆撃が止むまで、となりの人と ”体寄せ合って” 堪えた云々と話す。

”しばらくして” ミューラーが、
「それは、もしかして列車の中で sex したということですか?」
と聞くと、
「当たり前じゃないか、わからなかったのか。
君はにぶいね(=you're slow)、 ほんとににぶい」

つうのに爆笑!!

ラスト、ミューラーは本国に戻って、キャンプ送りになった人々の中に、<homosexual> の項目を付け加えるところで終わっている。


キャンプでは、星の色で、社会主義者、犯罪者、反政府主義者、ユダヤ人など区別されていたが、その中にも階級があり、同性愛者は最下層であった。
<刑法 175条> は、1800年代から戦後1960年代まであった。
その為、戦後も再三逮捕されたおじいちゃんもいた。
又、現在でもこの <刑法 175条> でキャンプに送られた人々は、戦争被害者として全く認識されていない為、補償など得られないという。

監督 ロブ・エプスタイン&ジェフリー・フリードマン のことば :

アメリカユダヤ委員会が1993年に行った調査によれば、
ナチスが同性愛男性を見分けるための印として、<ピンクトライアングル> を着けさせていたということはおろか、ナチス政権のもとでゲイが弾圧されていたことすら知っているのは、イギリスでは成人の約半数、アメリカではわずか4 分の1 だという。
『刑法175条』 では、これまで映画で扱われたことがなく、歴史の本ですらめったに言及しようとしなかった歴史に斬り込んでいった。
何万人もの人々が迫害され殺害されたというのに、なぜ記録から抹殺され続けてきたのか?

 私たちがこの問題に関心をいだいたのは、まずは私たち自身がゲイ男性でありユダヤ人でもあるから。
私たちにとって、当時についての証言ができる人たちが生きている間にできる限りの記録を残しておくことは、切迫した必要性のあることだった。


Jeffrey Friedman
  ジェフリー&ロブ

なんでこの映画を観たのか忘れていたのだが、当時 BOX東中野(現ポレポレ東中野)で、<山形国際ドキュメンタリ映画祭> の特集があり、<セクシュアリテイをめぐって> という企画があったのね。
私をドキュメンタリ好きにしたのは、この辺りではないかと、今思うのだった。
ポレポレ東中野は、ドキュメンタリ専門館 というスバラシイ映画館なのです。

山形国際ドキュメンタリ映画祭HP:
http://www.yidff.jp/2001/cat021/01c034.html


尚、この作品の字幕を担当した 川口隆夫氏 は、私が初めてレズゲイ映画祭に行った年の映画祭実行委員長で、英語のみならず、その他の語学も堪能な人です。
それはなぜかと言うと、隆夫ちゃんが <外専> だからだそうです!(笑)
(今年下北沢であった、アジアン・クイア・フィルム&ビデオ・フェスティバル でも、隆夫ちゃんが字幕を担当した作品がありました)
ソンケーしてま~す☆(ほんとです)

1medium_rupert-everett01.jpg
ルパート・エヴァレット様です☆

2Rupert.jpg

画像検索していたら、ルパート美少年を発見!


画像検索の結果、他にルパートのけっこヤバ目の画像もあった・・・。
興味ある方は、Rupert Everett で画像検索してみてちょ。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cieloluna187.blog32.fc2.com/tb.php/38-291a4d4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ロバート・イーズ «  | BLOG TOP |  » 破滅の銃弾 ハーヴェイ・ミルク事件

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。