2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世にも怪奇な物語 - 2010.11.09 Tue

「世にも怪奇な物語」
(1967/フランス+イタリア/Histoires Extraordinaires/SPIRITS OF THE DEAD)


世にも怪奇な物語 HDニューマスター版 [DVD]世にも怪奇な物語 HDニューマスター版 [DVD]
(2010/08/04)
ジェーン・フォンダピーター・フォンダ

商品詳細を見る


エドガー・アラン・ポーの原作を三部作として、仏伊三人の監督がそれぞれの個性とスタイル生かして作ったオムニバス。


1935年11月8日フランス・パリ近郊に、その美しい星は生を受けた。
アラン・ドロン生誕75周年記念映画祭が、新宿K’scinemaで開催中。

9月の「ブリジット・バルドー生誕祭」@新宿武蔵野館で見逃したこの作品をまずは観てキタ。
昔観たんですけどね。

【 アラン・ドロン生誕75周年記念映画祭 】 @新宿K’scinema その1



誘惑になびかない男に復讐を企てる伯爵令嬢、
自分にうりふたつの謎の人物に戦いを挑む冷酷なサディスト、
重圧から少女の幻影に誘われるイギリス人俳優……



これはとにかくゴージャスなオムニバスなのよね。
ロジェ・バデム、ルイ・マル、フェデリコ・フェリーニ という三巨匠が、エドガー・アラン・ポー作品を題材に撮った。
昔はこういう巨匠が集まったオムニバスってけっこあったよね。
ヴィスコンティも参加した <華やかな魔女たち>(’66) とか。


◆ 黒馬の哭く館 (METZENGERSTEIN


ロジェ・バデムが(当時の)愛妻 ジェーン・フォンダを主演に撮った。
<バーバレラ>(’68)に通ずる宇宙的ともいえるフシギなコスチュームと中世ドイツの城の風景がミスマッチでみょーな味わいがある。

extra08.jpg
この辺りのジェーン・フォンダ 大好き☆


このジェーン・フォンダはとにかく美しい。そして残酷でサディスティック。
彼女に唯一従わず、彼女が唯一愛した男を 弟 ピーター・フォンダが演じる。
珍しい姉弟競演もお楽しみ。
有名なレズビアンチックな入浴シーンもあり。

extra04.jpeg


◆ 影を殺した男 (WILLIAM WILSON

ドッペルゲンガーを題材にした話。
ウイリアム・ウイルソン、幼い時から既にサデイスティックな兆候あり。
この男、かなりヤバいでしょ。”病気”だよね、もはや。
医学生時代には街でみつけた女をさらって来て生きたまま人体解剖しようとしたり、その後ブリジット・バルドーをムチで打ったり。
このあたり、すっごいエロチシズム  いけないものを見ているキモチ。
このひどい男を演じるのは、美しい男でなければ!!
アラン・ドロンを措いて他になし! ルイ・マル あっぱれ!
やはり邪悪な男を演じるとドロンは輝きを増すな。

黒髪のバルドーってどうなのか? ないだろ!?とチロは思う。

extra01.jpg


◆ 悪魔の首飾り (TOBY DAMMIT


イタリア映画界に招かれた、落ちぶれて追い詰められたアル中シェイクスピア俳優の悲劇。
このフェリーニ作品が、このオムニバスの中でもっとも評価が高いのよね、世間的には。
もうこれは最初から最後までフェリーニ・ワールド。
どのシーンを切り取ってもフェリーニとわかるってかんじ。
イギリスから テレンス・スタンプ が参加してます。
まりをつく少女の、にたっと笑う顔が当時観た時怖くて怖くて・・・インパクトありました。

尚、このパート、音楽は ニノ・ロータ、衣装はヴィスコンティ組の ピエロ・トージ(<ベニスに死す> <ルドヴィヒ>)

extra02.jpg


===
本編上映前にお宝映像上映あり。
レナウン 「ダーバン」 のなつかCM。
このCMって、淀川さんの日曜洋画劇場でやってたよね。

そして野沢那智吹替え版 <アラン・ドロンのゾロ> の一場面。
ドロンの声と野沢那智の声って似てはいないんだけど、やっぱり合ってんのよね。
これを観た数日後、野沢那智の訃報を聞きました。
この映画祭のパンフレットの為のインタビュー(病床での)が最後の仕事だったとか。合掌。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cieloluna187.blog32.fc2.com/tb.php/331-3bdce4f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黒いチューリップ «  | BLOG TOP |  » リプリー 暴かれた贋作

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。