2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪人 - 2010.08.31 Tue

「悪 人」 吉田修一

悪人(上) (朝日文庫)悪人(上) (朝日文庫)
(2009/11/06)
吉田 修一

商品詳細を見る


悪人(下) (朝日文庫)悪人(下) (朝日文庫)
(2009/11/06)
吉田 修一

商品詳細を見る


馬込光代は双子の妹と佐賀市内のアパートに住んでいた。携帯サイトで出会った清水祐一と男女の関係になり、殺人を告白される。彼女は自首しようとする祐一を止め、一緒にいたいと強く願う。光代を駆り立てるものは何か?毎日出版文化賞と大佛次郎賞を受賞した傑作長編。

読み終わって、涙が止まらんやったとです。
文句なしの力作であるが、チロ的視点から書いてみたい。




冒頭で、ある殺人事件が報じられる。
時は遡り、被害者 石橋佳乃の生前の様子が描かれる。

佳乃は博多で保険外交員をやっているのだが、その周辺、同僚の沙里と眞子:女三人の描き方が実に吉田修一らしい。
特に佳乃と沙里、水面下の女のバトルがコワい~~!
妬み、意地、見栄の張り合い・・・。
吉田修一の女を見る目線は女性以上に辛辣で、それはそれはおそろしいものがある。

特に石橋佳乃への目線は厳しい。
出会い系サイトで出会った男たちにこづかいをせびっていたこともある。
そして、佳乃が憧れていたイケメンボンボン大学生の増尾視点での佳乃・・・。

たまたま公園で会って車に乗せた佳乃の軽薄なおしゃべりに増尾は嫌悪を募らせる。
話題を変えようとして、

――そう言えば、さっき公園の便所で小便しとったらホモに声かけられた。
殺すぞ!って脅したら逃げてった。
マジでああいう奴ら、立ち入り禁止にするべきやね。

――でもそういう人にとっちゃ、普通の街が立ち入り禁止みたいにされて、
ああいう所しか残ってないっちゃない?
考えたらちょっとかわいそうやない?
世の中いろんな人がおるとにねえ。


すいません、ここで爆笑しました。
吉田修一らしいモーホネタもそうだけど、何気なくふった話題に正論で返された増尾。
佳乃にさらに憎悪を募らせていく(笑)

その後も助手席で恋人気取りの佳乃を見ていて

――とつぜん「こういう女が男に殺されるっちゃろな」と増尾は思った。
本当にふとそう思ったのだ。


とまで、吉田修一は増尾に言わしめるのだ。

前半のこの石橋佳乃の描き方が気になったとです。
仮にも被害者なのだから、こんなにキビしい描き方をしなくとも・・・。
まるでこれじゃ殺されても仕方なかね、と読者に思わせるような。
実際彼女に対する同情の気持ちはあまりわかない。
なぜこんな描き方をするのだろう。

しかしやがてわかって来る。これは吉田修一の戦略なのだと。
傍目から見たら石橋佳乃は、ひとことで言えば、とんだ「性悪女」ったい。
だけど、佳乃の父・佳男にとっては、かけがえのない一人娘なのだ。
佳乃が「性悪女」であればこそ、いっそう父・佳男の愛情、悲しみが深く感じられるのだ。

===
この作品の特徴に、キャラクターの人物像が彼(彼女)を知る周辺の人々の「証言」によって形作られるスタイルがある。
たとえば祐一であれば、幼なじみのともだち、叔父、昔入れ上げたヘルス嬢などなど。
これが非常におもしろかった。
祐一にはそんな面があったとですか!? 知らんやった・・・。
の連続でした。
(映画ではこのスタイルは排除してあるので、祐一は「得体の知れない」男になっている)

印象深い証言がある。
光代の妹が高校時代、姉・光代とボーイフレンドとの交換日記を盗み見てしまう。
妹は自分の知らない姉の一面を見て愕然とする。
おとなしく地味で平凡な女・光代の「業の深さ」。
読んでいてそら恐ろしくなった。
これがあってこそ、後に殺人犯と逃避行に走る、というのが納得できる。

こういったエピソードの幾層もの積み重ねにより、この物語は重層で深いものになっている。

===
さて、実は私は原作を読み終わらず、下巻半ばの時点で映画を観たとです。
映画を観終わって、疑問がいくつか残った。

なぜ祐一は母親に会うたび金をせびったのだろうか。
なぜ祐一は最後に光代を・・・。

しっくりしないまま帰途についた。
この疑問の答えは実は同じ答えで、残りの部分に書いてあった。
この答えを思うと、そうしなければいけないと考えた祐一を思うと、涙がとまらなかった。

原作の最後を残して映画を観たということは、結果的に良かったと思う。


――あんた、大切な人はおるね?
その人の幸せな様子を思うだけで、自分までうれしくなってくるような人たい。


この言葉の通りなら、大切な人をみつけた祐一は今幸せなのだろうか。


――世間で言われとる通りなんですよね?
あの人は悪人やったんですよね?
その悪人を、私が勝手に好きになってしもうただけなんです。
ねぇ? そうなんですよね?


光代は・・・どうなのだろうか?

===
原作を買おうとしたら、たみきさんが、「新宿ジュンク堂にサイン本がある」と教えてくれました。
やったー! たみきさん ありがとう☆
映画化バージョンの表紙カバーの下に、オリジナルのカバーがあることにしばらくして気づきました。
読み終わってから見ると、この灯台の画は感慨深いものがある・・・。

akunin04.jpg

akunin05.jpg

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cieloluna187.blog32.fc2.com/tb.php/317-85a43bb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぼくたちの奉仕活動 «  | BLOG TOP |  » 映画 「悪人」

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。