FC2ブログ

2019-09

霜花店(サンファジョム) 運命、その愛 - 2010.03.05 Fri

「霜花店(サンファジョム) 運命、その愛」
(2008/韓国/A FROZEN FLOWER/霜花店)


fflower01.jpg


高麗末期、元の圧迫や国内の反対勢力による暗殺の危機にさらされていた高麗王。そんな王に幼い頃から仕えてきた近衛部隊・乾龍衛の隊長ホンニムは、王が最も信頼する部下であり寵愛の対象だった。
その頃王は、元から迎え入れた王妃との間に世継ぎが生まれないのであれば、元の王族を次期国王にするよう迫られていた。女性を愛することが出来ない王は苦肉の策として、ホンニムに王妃を見ごもらせるように命じる。
その運命の夜、三人の人生の歯車は大きく狂い始めるのだった……。



アンソニーちんから、この韓国映画、実はゲイムーヴィー(?)と教えてもらい、早速Nちゃんと行って来た。

@新宿シネマート

新宿シネマートは初めて。スクリーンは二つあり、小さいハコ(今回のとこ)の方は62席。
小さくて試写室のよう。
人気プログラムらしく混んでました。

(このTOP画像のスチール 美しいなあ。こりゃ、いい写真だべ)




高麗時代末期、王は美童36人を集め鍛錬させる。やがて彼らは王の「親衛隊」となる。
その中、隊長の ホンニム は、王の寵愛を一身に受けていた。


なんか男大奥みたいなとこなんだよね。
最初にホンニムこども時代が描かれて、王との間には長く深い絆があるというのがわかる。
とにかく二人は ”なかよしさん” でラブラブです。
「大胆な同性愛シーン」と言われてるけど、えっ、こんだけ?ってかんじ(笑) すみません。

そんな二人のラブワールドに花嫁がやって来る。そこに世継ぎ問題が出て来て、とにかく こども!
しかし王は女が抱けない身。
そこで王はホンニムにその ”役目”をやらせようとする。

ええーっ!? そんなあ・・・というホンニムだが、
「生まれる子がおまえに似て欲しい」
なんて王に言われて ”務め” を果たすことに。

そして二人はベッドインするのだが、寝所の扉の向こうには王がいて二人の様子をのぞき見したりする。

この辺から王の ”オカマゴコロ” 全開になっていく。
自分で言い出しておきながら、ジェラシー200%、複雑なオカマゴコロ。

ところが王妃とホンニムは、文字通り ”ハマって” いき、王の目を盗んで逢いびきを重ねる・・・ていうか、愛欲に溺れていく。
そしてそれを知った王は――

とにかく濃い!
 濃すぎるぜ、韓流!
自マンじゃないが、韓流は全く無知(ほんと自マンじゃないじゃん!)
みんなこんなに濃いんですかあ?

まずやっぱりカゲキすぎるHシーン。あれは必要なんですかね。
ちょっと、いや、かなり引きました・・・(泣)

そして裏切られたと知った王がしたことは・・・。
韓国映画<後悔なんてしない> 同様、マジっすか!? マジっすか!? の展開。
キャ~! コワい!

さてこの脚本、複雑に出来ていて、表層的な見方とそうでない見方をすると全然違って来るのでは?
ホンニム役 チョ・インソンのファンは、身分違いのピュアなラブストーリーと見るかも知れない。
しかしやはりこれは、男と男の愛憎劇でありましょう。
男×男でなければ成立しない話だと思います。
それゆえに濃すぎるラブストーリーとなりました。

今回のキャスティング、ホンニム役 チョ・インソンくんはきれいですね。
もはやスターなのに(・・・そうなんだよね、きっと・・・) 美尻も惜し気なく大熱演ですよ。
<後悔なんてしない>でも同じこと言ったけど、韓国の役者さんはえらいです。

この人、角度によっていろんな表情が見える。

fflower07.jpg


fflower08.jpg


そして真の主役 王役 チュ・ジンモ。
素晴らしいです。

――男を愛する王の気持ちというのがなかなか理解できなくて。
でも 「女性が男性を愛するような感情」 と解釈すると、納得出来る気がしたんです。
一人の女性が一人の男性だけをみつめて愛する、というような気持ちで演じました


さんざん 「オカマゴコロ」 を連発しましたが、彼のインタビューを見て、チロが間違ってはいなかったことがわかりました(笑)

孤独な王、嫉妬に苦しむ王、裏切られて絶望する王、怒り狂う王・・・だけどやっぱりホンニムを愛してる・・・。
この複雑な役どころをまさに目ヂカラで演じ切ってました。

終盤、王とホンニムが戦うシーンがある。

――愛する人に刀を振り回しているけど、本心は殺したくないわけです。
だから、どんなアクションよりむずかしかった。
よく女性が『どうして私のこと分かってくれないの?』って言うでしょう。
王はまさに、そういう気持ちだったんでしょう。
王の最後のセリフに、すべてが集約されている気がします。
あの一言を言うために、それまでのすべてがあった、と思うんです


このチュ・ジンモのコメントを聞いて、腑に落ちた気がした。
そう、せつないラブストーリーだった。

ラスト、馬に乗り草原を駆ける二人のシーンがそのせつなさをかきたてて良かったなあ。
これでチュ・ジンモは、韓国の百想芸術大賞の映画部門で最優秀演技賞を受賞した。

fflower02.jpg

これまた別人のよう!

fflower03.jpg


カンナさん大成功です! 特別版(2枚組) [DVD]カンナさん大成功です! 特別版(2枚組) [DVD]
(2008/05/08)
キム・アジュンチュ・ジンモ

商品詳細を見る


===
韓国で400万人を動員し、時代劇映画としては韓国歴代2位の興行成績を記録。
このテーマの作品が大ヒットとわ!? (しかも1位は<王の男>!)
韓国、懐が深いゾ!

===
他の「親衛隊」メンバーもみなイケメン揃い。さすが韓流。
ホンニムを慕う若い男のコ イム・ジュファン がかわいかった。
副隊長役 シム・ジホ も凛々しい。

fflower10.jpg


スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cieloluna187.blog32.fc2.com/tb.php/282-cc2c3106
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハートロッカー «  | BLOG TOP |  » カラヴァッジョ 天才画家の光と影

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2018年 04月 【11件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【8件】
2018年 01月 【8件】
2017年 12月 【10件】
2017年 11月 【10件】
2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【10件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【6件】
2017年 05月 【9件】
2017年 04月 【9件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード