2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新春浅草歌舞伎2010 - 2010.01.08 Fri

「新春浅草歌舞伎2010」

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

今年は、恒例 <新春浅草歌舞伎> からの幕開けです。

第一部 11:00 @浅草公会堂


haru02.jpg



今年もつつがなく新年を迎え、新春浅草歌舞伎を見ることができました。
ありがたいことです。
(毎年このフレーズを使い回しております)


さて、演目・配役は以下通り :

一、正札附根元草摺(しょうふだつきこんげんくさずり)


             曽我五郎  市川亀治郎     
            小林朝比奈  中村勘太郎


二、元禄忠臣蔵(げんろくちゅうしんぐら)
  御浜御殿綱豊卿 (みはまごてんとよつなきょう)        

            徳川綱豊卿  片岡愛之助      
            中臈お喜世  中村七之助           
             祐筆江島  中村亀 鶴      
            新井勘解由  市川男女蔵      
           富森助右衛門  市川亀治郎


三、忍夜恋曲者(しのびよるこいはくせもの)
  将 門       

        如月実は滝夜叉姫  中村七之助        
           大宅太郎光圀  中村勘太郎


===
二、
浅野内匠頭の切腹から一年、浅野家はお取りつぶしになったが、内匠頭の切腹を不憫に思い、お家再興を考えている人が少なからずいた。
綱豊もその一人で、綱豊が願い出れば浅野家再興はすぐにでも認められる。
しかし綱豊は、赤穂浪士たちに仇討をさせてやりたいとも思っている。
お家が再興されれば、仇討はできなくなる。
綱豊と助右衛門は互いの真意を探り合う。


「御浜御殿」とは今の「浜離宮」で、綱豊というのは、五代将軍綱吉の甥で、後の六代将軍家宣です。
綱豊と殿の寵愛を受ける奥女中・お喜世、その兄で赤穂浪士 助右衛門が主な登場人物。

<忠臣蔵>には、いろんな場面があるんですねえ。
「刃傷松の廊下」 と 「討入り」 ぐらいしか知らなかった。

現代の庶民からすれば、仇討よりお家再興でしょうよ! と思うが、元禄の世の武士にとってはそうではないようで。

愛之助のノーブルで、それでいて度量の大きさを感じさせる雰囲気が綱豊にぴったりでした。
その寵愛を受ける七之助のお喜世がまた美しく、二人を見ていると、ほお~~~っとため息が出ます。
血気盛んで頑固な助右衛門:亀治郎も良かったです。

この場はここで終りですが、この後お家再興がどうなったかは皆が知るところです。
あの討入りの後ろには様々なドラマがあったということですね。
勉強になりました。


三、
天慶の乱で滅ぼされた平将門。
その古御所に妖怪が出没すると聞き、大宅太郎光圀が征伐にやって来る。
現れたのは島原の傾城・如月と名乗る美女。
実は将門の娘 滝夜叉姫。
光圀を味方にしようと色仕掛けで口説くのだが――


遊女 如月は世をしのぶ雁の姿、実は ”姫”! 
とここまではわかるが、その姫が「がま」の妖術使いって・・・一体どんな姫様じゃ!?

廃屋に妖艶な美女、というのがお耽美です。
光圀:勘太郎 は勇ましくも二枚目の色気があり、両者闘いながらもいろっぽいムードむんむん。

最後には姫の妖術により、古御所が崩れ落ちます。 ぎょえっ!!
これは 「屋台崩し」 といわれる大仕掛け。
そして、その屋根に 「大がま」 と姫が姿を現す 大スペクタクル!
大がまがケロヨンみたいでかわいい 

歌舞伎って見る者を飽きさせない究極のエンターティメントだよな。
楽しかった。

===
観劇の後は、観音さまで初詣。
途中、伝法院通りで獅子舞に会いました。

haru01.jpg



初詣の後、「梅園」にて あわぜんざいを食べました。
毎年おきまりのコース。

それもこれも世の中が平和であればこそ。
今年も LOVE&PEACE を願うチロなのでした。
ピース、ブラザー  


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cieloluna187.blog32.fc2.com/tb.php/266-0b45ff1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダレセン! «  | BLOG TOP |  » 私的 映画今年の10本 2009

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。