2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12人の怒れる男(1957) - 2008.10.10 Fri

「12人の怒れる男」
(1957/12 ANGRY MEN)


10003t4cw.jpg


17歳の少年による殺人事件の裁判で、12人の陪審員中11人は有罪に投票するが、ひとりだけ証拠に疑問を持ち無罪を主張。
白熱する議論と説得の中、ひとり、またひとりと無罪の方へ心が傾いていく…。
レジナルド・ローズのTVドラマの映画化で、テレビ版を演出した社会派の名匠シドニー・ルメットが監督



日頃、邪な目線で、トンチキなことばかり言っておりますが、たまにはこういう
シリアス社会派ドラマ を取り上げないとね。
人格を疑われちゃう。
え、今さら何をやってもムダ?




日本でも裁判員制度が導入される、ということで取り上げてみました。(うそ、うそ!!)
すごい昔に観たんだけど、ふとリピート鑑賞。
大好きなのよ~、これ。

これは、典型的密室劇 です。
舞台は、裁判所の別室。
こういう密室劇は、脚本と俳優の力量だけが勝負。
いかに観客の目を向けさせるか。

ある夏の夜、暑い部屋、エアコンも効かない。
正常な思考を奪う。早く家に帰りたい。
この設定から、シビれる。
なにやら、観る側に緊張感を与えるではありませんか。
(ちなみに、後半にはオヤジのシャツに汗ジミが出来ている芸の細かさ)

18歳の少年が、父親殺しの容疑で裁判にかけられる。
もし有罪なら極刑である。
証人も二人いて、状況証拠もある。
疑う余地すらない事件のように見える。
議論する必要もないかも知れない。
とりあえず、投票してみよう。
11対1 無罪=1
無罪に投票した男(ヘンリー・フォンダ)は言う。

― 何の根拠もないけど、とりあえず、議論してみようじゃないか、と思って。

みな、頭から少年は有罪だと思っている。
スラム育ちだから、不良だから。
先入観は危険だ。

話し合いが始まる。とにかく話してみよう。
それぞれ疑問に思ったことを言い始める。
今まで見えてなかったものが次第に見えてくる。

一人、又、一人と有罪を主張していた人が、無罪に変わっていく。
誰に言いくるめられた訳でなく、みな、納得してのことである。
その過程が、着実で急ぎすぎない。ホンがよく出来ているのよね。
もうこの辺から、シビれっぱなし。

112angrymen1957ld.gif
このクレジットタイトルもクール~~! シビれる~~


また、この物語のユニークなところは、キャラクターに名前がないところだ。
みな、陪審員番号があるのみ。
その上、オヤジ度が高いので、当初は個体の識別困難なのだが、脚本の人物設定
がしっかりしているので、次第に個性が見えてくる。又、それを演じる役者もうまいのよ。

さて、その役者陣、ヘンリー・フォンダ以外は主役など張らない地味なバイプレイヤーばかりである。
そこがいい。
この作品に派手な主役はいらないのである。
しかし、今見ると、この俳優陣はそうそうたる顔ぶれだ。
後に渋い脇役として光る人々ばかりである。
久しぶりに見て、
おおっ! ジャック・クラッグマン!
ああっ!ジャック・ウオーデンも!
と声をあげてしまった。

tn_12angry_men05quincy.jpg
ジャック・クラッグマン 
TVシリーズ「おかしな二人」のずぼらなオスカー役がスキでした



無作為に集められた12人。
アメリカらしく多様な人々。
移民がいる、スラム出身がいる。そして、偏見に満ちた人々がいる。
これはアメリカの縮図だ。
いろんな人がいて、いろんな見方があって、議論する。
これぞ、民主主義、アメリカらしい姿がそこにある。

いろんな人がいる――
誰かが疑問を口にする。
― 向かいのアパートの女性は、丁度電車が通過した時、
叫び声を聞いたと証言している。
電車の音はどれほどだろうか?


一人のオヤジが言う。
― 俺はガード下のペンキ塗りの仕事をしたことがある・・・。

次の疑問:
― 父親のナイフの傷は、上から下に向かってのものだった。
背の低い少年にとってこれはどうだろうか?


― 飛び出しナイフのケンカは、何度も見て来たが・・・。

スラム育ちのオヤジが、飛び出しナイフの持ち方について語る。

誰も何も言えない。スラム育ちを馬鹿にしていたオヤジも、彼の意見に肯かざるを得ない。
ヘンリー・フォンダの職業は、実は建築家なのだが、現場の見取り図から、専門家らしい意見を言う。

ことほどさように、それぞれが自分の生きて来た人生の知識や経験を活かして意見を言う。
検事や弁護士の中で、ガード下のペンキ塗りをしたり、飛び出しナイフでのケンカについて知っている人が、どのくらいいるのか?
大学の法科の授業だけでは見えないものが、世の中にはたくさんある。
その意味で、裁判員制度というものの意義があるのかなあ、と実感が出て来る。

最後に全員一致で評決が出る。
密室の話し合いなので、新しい証拠、新しい犯人が出るわけではない。
大どんでん返しもない。
が、観終わって痛快だ。何度見ても、こみあげるものがある。

ヘンリー・フォンダが演じた役は 「アメリカの良心」 と言われている。
これは、古き良き50年代の作品だ。
今のアメリカに「アメリカの良心」 はいるのだろうか。
その前に、今のアメリカは、話し合うことすら出来ないのではないだろうか。

12MEN77.jpg
「アメリカの良心」
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cieloluna187.blog32.fc2.com/tb.php/172-7417a991
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ルートヴィヒ  «  | BLOG TOP |  » ピンク・フラミンゴ

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。