2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『薔薇族』の人びと その素顔と舞台裏 - 2006.10.03 Tue

『薔薇族』の人びと その素顔と舞台裏 (2006)


『薔薇族』の人びと その素顔と舞台裏『薔薇族』の人びと その素顔と舞台裏
(2006/07/15)
伊藤 文學

商品詳細を見る



同性愛専門誌『薔薇族』編集長が初めて明かす、妖しく、面白く,そして悲しい,愛すべき人々。
その35年の歴史とエッセンスをエピソードを混じえながらまとめた決定版。
三島由紀夫作とされる幻の名作「愛の処刑」を掲載。
(「MARC」データベースより)



先の、<編集長 〔秘話〕> の記事で、「本屋でたまたま見かけた新刊」 というのが、これ。
<編集長 〔秘話〕> が、駆け足で綴った「薔薇族」30年史であれば、こちらはもっと深く掘り下げた、文字通り 「薔薇族」の人々=「薔薇族」に関わった人々の貴重な記録である。



「薔薇族」を振り返るのだから、先の 〔秘話〕本と重複している部分もあるのだが、切り口が違うので、これまた十分楽しめる。
伊藤 74歳になり、多くの人々、出来事を、自分が後世に残しておかなければならないという、使命感に駆られての一冊。
前作より資料性が高いのが、この本の特徴である。

前作に話だけ出て来たグラビア写真、小説、イラストが、今回は豊富に収められている。
「おお、これか!」と、今回ビジュアルで見ることが出来て、大いに満足した。
又、作家や絵師の代表作がそのまま再録してあるのも特筆すべき点である。

一人目の、創刊から関わった優秀な助っ人、創刊号の表紙のイラストレーター、内藤ルネの40年来のパートナー、藤田竜 から飛ばしてくれます。

いきなり
――竜さんは男にモテた。
三島由紀夫ともデキちゃったんだから。
三島さんって、すごいナルシストで、それにひどいワキガで、
その匂いで竜さんは萎えちゃったんだそうだ。


などという裏バナシが飛び出し、またまたつかみはOK! つうかんじ。

以下 12人の人々について書かれている。

それらは作家であったり、カメラマンであったり、絵師であったりするのだが、おもしろいのはその多くが、伊藤といえども、本名も顔も住所も、その後の消息も知らない、ということである。

「薔薇族」は、日本初のホモ雑誌ゆえ、同性愛をテーマに仕事が出来るプロの作家もカメラマンもいなかった。
小説は多くが投稿であり、写真はかねてより ”趣味” で、男の裸を撮りためていた人の作品。
時代的に彼らは、世を忍ぶ身であった為、ふだんはまっとうな職業を持ち、妻も子もある表の顔を持っていた。
それが編集長でさへ、本名も住所も知らない、というわけなのである。

今、再録された作品を見ると、結果的に 「金」の為に仕上げた作品ではなかった、という点が良かったのだろう。
みな、溢れ出るパッションを形にした、というパワーを感じる。
その辺りがいっそう読者の心を掴んだのであろう。

好きなエピソードといえば――

◆藤田竜が装丁した、日本初の男性ヌード写真集 <脱いだ男たち>
その帯:
「画家・イラストレーター・絵画愛好家・画学生のためのデッサン用! 
さまざまな男の姿態をニ四ニ葉の写真で表現した貴重本!」


読者が少しでも抵抗なく書店で買い易いようにと、竜さんは考えたのだ。

すごいよ、竜さん! なんてアイデアマンなんだろう! パチパチパチ・・・拍手!!
涙ぐましい努力だなあ。
買う側の心理・抵抗感などは、やはりノンケの伊藤ではわからない感覚であったろう。

◆写真集の第一人者 - 波賀 九郎
(かなりのおじいちゃんになって尚、男を撮り続けた)
ビデオの消しが薄いということで、取締り当局の摘発を受け、機材没収、21日間留置場に拘留されることになったが、高齢であるということから、息子さんが代わりに入った。

ええ~っ!! 身代わり拘留なんて、ありっすかあ!
と単純に驚いてしまった。
勉強になるなあ (なんの?)

個人的には、三島由紀夫が別名で書いた <愛の処刑>のイラスト、
「あれが、三島剛だったのかあ」とわかり、非常にすっきりした。
点と点が結びついて線になっていくのが快感でした。
(TOP画像 表紙 右列中 黄色い枠が三島剛作品)
三島剛と三島由紀夫の交流は古く、三島剛のペンネームも、もちろん三島由紀夫からのいただきもの。

12人の最後が 内藤ルネ。
――竜さんとルネさんの ”お肉の関係” は意外に短かった・・・

”お肉の関係”という特殊な言い回しに、 ぶは~っ! と吹いてしまった。
<ひまわり> の 中原淳一もゲイだったのか。
ああいう繊細な感覚は、ゲイならではなんだろうな。
中原淳一の長男 洲一の書いた <父 中原淳一> を読んだ伊藤はショックを受けた、とある。
同性愛者を父に持った息子の心中は察してあまりあるものがあったからだ、と。

最後に伊藤は言っている。

――世の中がどんなにオープンになっても、地方に行けば行くほど、まだまだ表に出られず、息をひそめて生きている人たちばかりだ。
「薔薇族」がこの世に存在しているということだけで、心が安らぎ、心の支えになるという人が
多くいることは間違いない。
生きている限りは、「薔薇族」を咲き続けさせたい。


前回 <編集長 〔秘話〕> で、「薔薇族」の役割は終わったと書いたが、今回考えを改めたのだった。



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cieloluna187.blog32.fc2.com/tb.php/155-aaf1fe3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

父 中原淳一 «  | BLOG TOP |  » 編集長 「秘話」

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。