2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーイ・カルチャー - 2007.07.18 Wed

映画祭 4日目 14:40 「ボーイ・カルチャー」(2006/BOY CULTURE)

BOYC (2)


イケメンの売り専ボーイ、X(エックス)。16歳からこの仕事をしてきた彼にとって、愛やセックスは単に職業としての意味しか持ち得なかった。
そんなXに、新たな顧客の老紳士が現れる。
しかし彼は、ただXに心の内面を語らせるだけ。
この老紳士との出会いが、Xの心境に少しずつ変化を与え始め…。



この画像を見ると、なんだかエロエロで過激な話を想像しませんか?
観てみると、ぜっんぜん違う作品でした。



公式サイトのあらすじだと、ジジイとの交流がメインみたいに思うけど、あくまでメインは、X とルームメイト アンドリューとの関係にある。
やっぱり、ラブ  メインじゃないとね!
Xは、ずーーっとアンドリューを好きだったが、それを言い出せずにいる。
一方、アンドリューは、そのことに気づいているし、アンドリューも X を好きなようなのだが、互いに踏み込めずにいる。

490.jpg


なんかもう、見ていて、もどかしくて、じらじらしちゃうんだけど、イクとこまでイキそうでイカないのが大好物なので、すっごく楽しかった。
X、アンドリュー、そしてもう一人のルームメイト ジョーイもキュートな17歳だし、グレゴリーもステキじじいだったし、キャラクターがみな魅力的でした。


脚本がよくできていて、老紳士 グレゴリーが語る自分とレナルドの50年にわたるロマンスとか、X 自身の幼い日のエピソード、小ネタのユーモアセンスも秀逸で、笑えた、笑えた! 
特にアンドリューが家族にカミングアウトしようとする件など大爆笑!
(終盤、唖然とするオチもある)

488.jpg


前日に観た「ハッテン☆サマー」のルーク同様、X も何かが欠落していて、十代の頃から、商売抜きで SEXしたことが一度もない、という。
これまた、” ほんとのラブを知らずにここまで来ちゃった ” のね。
だから、アンドリューに対して、ラブに対して、臆病になってしまうのよ。 コワいのよ。

X とアンドリューの平行線のひとつに、X の仕事がある。
アンドリューは、X に、ウリの仕事をやめて欲しいという。(そりゃそうだわよね)
ところが、X は絶対にやめないと言う。
16歳からやっていれば、仕事=アイデンティテイ になっているのかも知れない
が、X の言い分はユニークだ。

――仕事が終わって、金をもらう時、すーっと心が解放されるんだ。

これは何なのだろう? この言葉はおもしろいなあと思った。
X は、かなりの高給取りで(顧客は、ジジイばかりの上客だからね)、すでにゴージャスな部屋も所有しているし、株も投資もしている(大学にも行っていた)。
今や、ウリ専の仕事は、単なる金欲しさというものではない。

写真家 荒木経惟 が言っていた。
―― よく 「減るもんじゃねえだろ」 っていうだろ。
   減るんだよ。
   外にも出て来るんだ、それが。
   写真なんかだと、よけいわかっちゃうんだ。


アラーキーの伝でいけば、この何年かの間に、X は何かが ”減って” いったのだろうな。

結局、二人は平行線のまま。 その上、アンドリューには、手強い当て馬が登場し、事態は決定的に・・・。
さて二人のラブはもう終わりなのだろうか――

物事は、考えているよりずっとシンプルなものなのだ、というラストだった。
満足度の高い作品。
上映終了後、会場は心からの、拍手、拍手でした。

boycultr


さて、アンドリューを演じた、ダリル・スチーブンス。
とっても魅力的 
(得意の)Imdb に行ったら、なんと、UCバークレー卒のインテリゲンチャンではないか!?
テレンスと同じ学部だったりして(哲学科よ)
ちなみに、ダリルが’74年、テレが’75年生まれだから、かぶっているわね。
 うひゃ!

boycltr055
ダリル(左)

BoyCulture1.jpg
アラン・ブロッカ監督(中) チャーミングね☆
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cieloluna187.blog32.fc2.com/tb.php/150-76ff4d0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エンジェルズ イン アメリカ «  | BLOG TOP |  » お願い!チェリーボーイズ

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。