2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BE MY BOY - 2007.09.25 Tue

「BE MY BOY」
(1996/香港/基佬40/Queer Story)

bemy01_20070925133831.jpg

奔放な青年サニーと世間にゲイであることを隠している中年ローの、歳の離れたゲイ・カップルの愛の行方を描いたラブストーリー。
監督は『喝采の扉』のシュウ・ケイ。

ああ、もう十年前なのねえ・・・。

<香港で初めて真実のゲイを描いた作品>  といわれている作品。
このところの 我的香港電影再熱 で、ああ、又みたい! と思っていた一作。
うちの 「ビデオ大革命」で、捨てたと思っていたら、押入れにありました。

これは、ひとことで言うと、ゲイのカップルを主人公にした、すったもんだ話である。
しかし、香港のゲイ事情がよく描かれていて、リアリテイある物語になっている。
<我的香港電影 BEST 3>
 のひとつだな。

以下、思い入れがある作品なので、ちょっと長いです。



― 恋人の条件?   
  絶対口ひげ。   
  こすりつけられると、チクチクしてくすぐったい。
  まるでジャングルに分け入って行くみたいな興奮がある。
  この気持ちわかる?

というサニー(陳小春 チャン・シウチョン)の語りで始まる。
おおーっ、<口ひげ専> かよ! 
マニアックだなあ。 (しかも、彼は <オヤジ専> でもあった)

― だけど、もう終わってしまった。
  8年なんてあっけないものね。
  死ぬまで別れたくないのに。
  あたし、どうすれば・・・。

そして、画面が切り替わり、ロー(林子祥 ジョージ・ラム)の結婚式の支度風景が映し出される――

ロー(46)は、結婚カウンセラー、サニー(26?)は美容師。 充実した仕事、幸せそうな同棲生活、理想的なカップルとして描かれる。
いちゃこらこいている二人が、バカップルだが微笑ましい。
しかし、二人の間には亀裂が・・・。
それが冒頭のせりふである。

これは、非常に良質な作品である。
この二人を取り巻くキャラクターやエピソードの肉付けがよく出来ていて、奥行きがあり、まったく飽きさせない。
なによりこの作品の成功は、キャスティングにある。
主役の二人が、美男美女 いえ、美男美男でないところがいい。
それでいて、ジョージ・ラムの、知的で清潔感のあるオヤジキャラ。
コハル(日本人ファンにはこう呼ばれている)は、おへちゃだけどとってもチャーミングだ。 ヤキモチ焼いて、ぷんすか拗ねたとこなんか、超キュート☆

この話には、もう一組 ゲイのカップルが登場する。
それがローの親友 大学教授のキム(毛俊輝 モウ・ジョンファイ)と、旅行作家のKK(呉鎮宇 ン・ジャンユー)のカップル。
こちらは年齢層高目ながら、理想的な美男美男カップル。
オヤジスキーファイル 分類:教授 ピッタリ! 
そして、ジャンユー、かっこいい~!
葬儀場の外で一人涙を流すジャンユーの演技が又泣けるのよ~
frederic mao
毛俊輝 って、香港演藝學院榮譽院 の先生なのね。
そりゃたしかに、分類: 教授だわ!(好みのタイプ☆)

この二人に関する問題で、ローとサニーの亀裂は決定的なものとなる――

キムは闘病の末、エイズで亡くなる。 世間体を考えたキムの親族は、KKの葬儀への参列を拒む。
しかし、まっすぐなサニーは、KKに参列させようとする。 (「KKは、キムの未亡人も同然なんだから当然よ」というサニーのセリフに、あら、まあそういう役割分担なのねえ・・・ふふふ と)
両者小競り合いとなった時の、ローの保守的で優柔不断な態度に、サニーは激怒する。
そして、情けない彼に愛想を尽かし、サニーは家を出て行く。

二人にはさまざまなギャップがあった。
サニーは自分に正直、奔放に生きる 「オープンリーゲイ」、一方、ローは保守的な「クローゼットゲイ」。
ローは、家族にも周囲にも、ゲイであることをひた隠しにして生きて来た。
性格もさることながら、年代的なものもあるだろう。
要するに、価値観の相違なのだ。
どんなに愛し合っていても、この問題は、乗り越えられないものなのか?
深く考えさせられる。

この後、情けないローは、サニーに去られた寂しさから、幼馴染のアチュンにプロポーズしてしまう。 (ほんとに情けないよ~)
それが、冒頭の結婚式のシーンである。

・・・ そんなこんながいろいろあり、 ラスト、サニーを探して夜の街をさまようロー。
とある店で、やっとみつけたサニーに 「やり直したい」と請うのだが、拒絶される。
そして、自らの思いを歌に託し、歌うは サミュエル・ホイ 不朽の名作 <難忘你>(=忘れられない)! (玉置宏か、浜村純 の調子で)

もう、このカラオケの熱唱が泣けるのよ~(涙)
哀愁のメロデイと、歌詞がまたぴったりなのよねえ。 まあ、くさい歌詞なんだけど、それが又泣けるのよ。 特にセリフの語りがさ(涙)
しかも、老眼鏡をかけて、手元の歌詞を見るとことか、オヤジスキーには、たまんねーっす!
シュウ・ケイ監督は、このカラオケシーンの為に、ジョージをキャスティングしたのではないかとさえ思う。
このストーリーのクライマックスであるこの歌を、情感たっぷりに(かつシロートくさく)歌い上げられるのは、余人を以って替え難い。 哀愁の熱唱!

さて、二人はどうなるのか・・・?

これは、私にとって、香港映画のエポックメイキングとなった作品。
それまで漫然と見ていた香港映画だったが、これ以来突っ込んだ見方をするようになった。
この ロー=林子祥 という人は、一体どういう人なのか?
ここでは情けないオヤジだったけど、歌も歌ってるし歌手なのか? と、興味が湧いて、調べたら、このジョージ・ラムは、ビッグ・シンガー兼俳優とわかった。 (→ それからずっぽり、ジョージにはまってしまい、CDとか買ったりして)
5050467543324.jpg
ほんとはステキな ジョージ!

劇中、サニーの店の客 レコード会社社長 カールが、サニーを口説く件り。

――今度、アーロン・クオックのコンサートに行こうよ。
――いやあよ、あんな ナマっ白いの。私の好みは チョイ・カムコンよ!

この時、私は チョイ・カムコン という人を知らなかった。 後日、彼を知った時の オドロキ! 一人大爆笑!! ↓ 
これが、チョイ・カムコン
KAM.jpg
この人は、三級片(=ポルノ映画)キングなのね
gam01.jpg
モザイクが気になる~ 
一体何を考えているのじゃ、このオヤジ?

ま、サニーは、口ひげ専、オヤジ専 だから、まさに好みのタイプ!ってことよね。

又、時期を同じくして、ナイナイ 岡村が主演した香港映画「無問題」の監督を見た時の  オドロキ!
あれ~、あのレコード会社社長のカールじゃん!! → 張堅庭(アルフレッド・チョン) (香港映画は、監督が俳優としてよく出る)

無問題(モウマンタイ) 無問題(モウマンタイ)
(2000/07/25)
サモ・ハン・キンポー、岡村隆史 他

商品詳細を見る

っていうことで、わかって来るといっそう、香港映画って、おもしろいなあ、楽しいなあ、と思えるようになった。

カウンセラー ローの元に相談に来たクライアント リッチな中年女性。
夫が深圳に愛人(♂)を囲っていて、そこに乗り込むというおばはんに同行することになるロー。
なんでも、この当時、深圳というのは、香港の男が、男を買いに行くメッカだそうな。 (今はどうなのだろうか?)
この奥さんと愛人との対決もワクワクドキドキした。
実はこの後、深圳で知り合った <ウリ専ボーイ>と、ローは浮気するのだった。
香港の自宅に帰ってきたローは、着ている服を下着まで全部脱いで洗濯機に突っ込むシーンなど、みょーにリアル。 (浮気がばれての痴話げんかも、「亀裂」 の 一因となったのだった)

終盤、ローがとうとう父にカミングアウトするシーンは感動的。
四十半ばの息子に、突然カミングアウトされた父親のとまどい、そして・・・。
その辺の描写もていねいでしんみりします。

又、ラストがとっても微笑ましく幸せな気持ちになれるのよねえ。
この後、エンディングで流れる、” シンガーとして ” の ジョージ・ラムが歌う<難忘你>が、超かっちょぶー! 
アレンジもムーディでステキです。
カラオケでのトーシロくさい歌い方と全然違うのです。
そう考えてみたら、この作品の出来以前に、オヤジスキーのツボヒット!ってことだったんだなあ。 (今頃言うか!?)

尚、蛇足ながら、このシュウ・ケイ監督作品には、この前に、 <喝采の扉 虎度門>(’96) があり、こちらとちょっとしたリンク作品になっている。 広東オペラの大女優が主人公で、再婚相手の連れ子が 「レズビアン」 という設定。
この二作品はびみょーに <対> になっているのだ。 (ローの父親は、このオペラの元劇団員)
結婚式当日、今は引退してオーストラリアにいるこの大女優から、ローにお祝いメールが届く。 (このメッセージがいいこと言ってるのよね。 また、泣けちゃう)
又、前作に出演したスターたちが、結婚式にカメオ出演している(アニタ・ユンとか李子雄とか)のもお楽しみ。 これも、秀作である。

p1002851513.jpg

スポンサーサイト

ヘアスプレー(2007) «  | BLOG TOP |  » ドラゴン・プロジェクト

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。