2017-10

十年後の きらきらひかる - 2008.02.18 Mon

「ケイトウの赤、やなぎの緑」
    ・・・十年後の 『きらきらひかる』
(2002/江國香織)


新潮ムック 江國香織ヴァラエティ新潮ムック 江國香織ヴァラエティ
(2002/03/29)
江國 香織

商品詳細を見る



『きらきらひかる』 を再読して、「その後の 『きらきらひかる』」 があったことを思い出した。
当時、某所で この ”後日談” のことを知ったのだが、そこで

「作品のファンは読まない方がいいかも」

というひとことがあった。

「読まない方がいいかも」
とは どういうことなのだろうか?
何を以って、「読まない方がいい」 話になるのだろうか?
そう言われると、ガゼン 読みたくなるじゃーあーりませんか。

果たして――

以下 ネタバレを含みますので、ご注意ください。




ちなみ(27) という女の一人称で語られる。
ちなみの弟は、ゲイだという。
ではこの弟が 紺くん なのか? と思わせるが、
いや、歳が合わないな、
などと、探りながら読むことになる。
睦月たちとこの女の関係はなかなか見えない。

ちなみは、郎(40)とつき合っている。

――郎を私に紹介したのはあんたなんだから、
   責任の一端はあんたにもあるんだからね
――責任って何のさ
――私の人生の混乱のよ
――人生なんて誰のも混乱してるんだぜ
   いつだって  


この話の主人公はちなみであり、睦月たちは脇役として登場することになる。
この構成はおもしろいと思った。

睦月と笑子は、十年後も ”相変わらず” で、庭のある古い日本家屋に住み、「サロン」なるものを開き、睦月の仲間が出入りしている。

紺は、大学卒業後いくつかの会社を、上司との衝突によりクビになり、今は西片町のバーで働いている。
(この時点で、すでに三十くらいであろう)
紺は、占部クン(これがちなみの弟)と恋に落ち、睦月と別れたのだった。
が、あろうことか、ある日、紺は新しい男をあの家に連れて来た。

睦月は家を飛び出し、二日帰って来ず、笑子は紺と新しい男を殴って泣いた。
「絶交」を言い渡しても、紺は男を家に連れて来た。

――二人でしっぽりやっていればいいだろう。
   どうしてわざわざ みせびらかしに来るんだ。


という 郎の問いに、

――ほっとけよ。
   俺と睦月と笑子ちゃんの、お前に何がわかるんだよ。


腹をくくった紺のことばに、傍には理解しがたい 三人の深い関係性が見える。
結局、この話のキモは、このひとことだったんだな。
このひとことの為に、この話はあるのだ。


さて、一体 「受け入れ難い結末」 というのはこの世にあるのだろうか?

十年後も、いつまでも、三人は幸せに暮らしましたとさ、


作品のファンというのは、そういう話を望んでいたのだろうか。


少なくとも私は、少し変わった 「その後」としておもしろく読んだ。
しかし、この、今回の主人公 ちなみと郎の二人も危うい。
先のことはわからない、と思わせる二人なのであった。

結局、この話の言いたいことは、
「先のことはわからない。確かなものなんてありませんよ」
という事なのかも知れない。

そうそう、 柿井と樫部 という名前が出て来る。
あの二人はどうなったのだろうか。
気になる。 すごく気になる。
<ナルシス型美青年ホモ> の樫部先生も、五十前か。
なんだか、全然歳を取らない ドリアン・グレイみたいな人なんじゃないかと勝手に妄想。



この話は、新潮ムック <江國香織ヴァラエティ> の中に収録された 800枚書き下ろし小説である。
この本って、何なのだ?
明星かなにかの、アイドルのファンブックみたいだ。
「私の好きなものたち」なんていう、お気に入りのものを並べたグラビア写真のコーナーがあったりして、ファンの人にはたまらない本なんだろうが、そうでない人には・・・
・・・
フシギな本だった。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cieloluna187.blog32.fc2.com/tb.php/14-e8897edc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

キャバレー «  | BLOG TOP |  » きらきらひかる

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【10件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【6件】
2017年 05月 【9件】
2017年 04月 【9件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード