FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆殺しの天使 - 2018.01.13 Sat

「皆殺しの天使」
(1962/メキシコ/El angel exterminador)


angel01.jpg


「メキシコ時代のブニュエル三大傑作」 その2 @シアターイメージフォーラム

[ミッドナイト・イン・パリ] (2011)で、1920年代のパリにタイムスリップしたギルは、若いルイス・ブニュエルに言う。

――あるパーティがあって人々が集まるが、なぜか部屋から誰も出られない。
あなたはいつかそんな映画を作る


それがこれ、「皆殺しの天使」 でっす。
第15回カンヌ国際映画祭 批評家連盟賞受賞。
36年ぶりのリバイバル公開。


ビリディアナ」から日を変えてのブニュエル祭り。
平日昼間にもかかわらずほぼ満席。8~9割メンズ。年齢層高し。

なるほど~実にブニュエルらしい不条理の世界。

宴の前から不穏な予兆がある。
屋敷の召使いたちが一人また一人と去っていく。残ったのは執事のフリオだけ。
そこに屋敷の主人エドムンドが客を案内して来る。
「さあ、みなさん、コートは2階へ」

すると次のシーンでまたも同じ客たちを案内するエドムンド。
「さあ、みなさん、コートは2階へ」

え、え?今このシーン、観たとこだよねえ??

頭が混乱、めまいを覚える。
これがブニュエル得意の「反復表現」で、こういったことが何度か繰り返される。
さあ、ブニュエルワールドへようこそ!ってとこだ。

angel02.jpg


食料も水も底を尽き、人々の道徳心や倫理が崩壊して行く。
そこへ突如現れる羊・・・歩き回る熊。シュール~~!

angel04.jpg


この話がおもしろいのは、人々が部屋から出られないのは物理的問題ではないということ。
客間の扉が閉ざされていたり、バリアが張られたりしたんじゃあ、ただのミステリーかSFになっちゃう。
客間は開かれていて、現に羊も通行できるw
人々は帰る方法を忘れたのか、なぜか出られない。


↓執事フリオ=クラウディオ・ブルックは次回作「砂漠のシモン」で主演を務める(皿に乗った紙を食べてるとこ)
angel03.jpg


飢えと渇き。
こどもたちが心配しているわ。家に帰りたい。
でも誰も客間から出ようとしない。
老人は病気で死に、絶望した若いカップルは自殺する。

angel05.jpg


人々の狂気が頂点に達した時、「じゃじゃ馬の処女」ワルキューレ(「ビリディアナ」のシルヴィア・ピナル)がこう言い出す。
「あの晩にあったことをもう一度再現してみましょう」 → 反復!

すると、みな客間から抜け出すことが出来たのだった。

ここで終わりと思いきや、この後さらにオチがある。
日常生活に戻ったブルジョワたちは、教会のミサに来ている。
ミサも終わり、教会から出ようとした司教たちがなぜか外に出られない。
「信者たちが出てから出ることにしましょう」
そして、彼らはまたもや教会内に閉じ込められたのだった。

一度目はブルジョワの豪邸、二度目は教会。
これは何かを暗示しているってことなのかしら。

ルイス・ブニュエルのコメント
――「皆殺しの天使」には、象徴など一つたりとも紛れ込ませてはいません。
私にテーマ性やメッセージを備えた作品を期待する人たちは、むなしく期待し続けることになるかも知れませんよ!


この作品は後の「ブルジョワジーの秘かな愉しみ」(1974)に引き継がれる。
こちらでは、ブルジョワがなぜか食べ物にありつけず歩き続ける話。
これも「反復表現の映画」だった。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cieloluna187.blog32.fc2.com/tb.php/1106-53baf697
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

砂漠のシモン «  | BLOG TOP |  » ビリディアナ

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2018年 04月 【11件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【8件】
2018年 01月 【8件】
2017年 12月 【10件】
2017年 11月 【10件】
2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【10件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【6件】
2017年 05月 【9件】
2017年 04月 【9件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。