2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生 - 2008.03.12 Wed

「アニー・リーボヴィッツ  レンズの向こうの人生」
(2007/ANNIE LEIBOVITZ: LIFE THROUGH A LENS)


lenz03.jpg



ジョン・レノンが凶弾に倒れる数時間前に撮影されたポートレートや妊娠中のデミ・ムーアのヌード写真をはじめ、世界中のセレブリティをカメラに収め続けてきた女性写真家アニー・リーボヴィッツ。
彼女の妹であるバーバラ・リーボビッツがメガホンを取り、その活動と素顔に迫ったドキュメンタリー。
撮影現場の様子や被写体となった人々へのインタビュー、さらにこれまでの人生を振り返り、ひとりの女性としてのアニーの生き方を浮き彫りにする。




昨年、ベッカムやビヨンセが、ディズニーのキャラクターに扮した広告キャンペーンがあり、ブログでも取り上げました。
(→ 「ベッカム王子 白馬に乗る☆」(07/02/01

撮影したのが(アニー・リーボヴィッツ。
その時から彼女に興味を持った。
今年になって、彼女についてのドキュメンタリ映画が公開されると知り、楽しみにしてました。

15:05 @シネカノン有楽町2丁目
(有楽町イトシア 4Fに出来た新しいとこ。初めて行きました)


――ニコール・キッドマンの写真を撮りたいと言った時、
  他の写真家だったら、予定は1ヶ月先ね。
  でも、アニーが撮るといったら、その夜よ。
  しかも飛んでくるわ、向こうからね。
  (『ヴォーグ』編集長 アナ・ウィンター)


本編を見ると、このコメントが誇張ではないことがよくわかる。
インタビューに登場するセレブたちの顔ぶれも豪華なこと!

アーノルド・シュワルツネッガー、ヨーコ・オノ、ウーピー・ゴールドバーグ
ミック・ジャガー、キース・リチャード、ベット・ミドラー、
そして今、”お忙しい” ヒラリー・クリントン などなど

彼女が非凡な写真家であることはよくわかるが、同時に、彼女とて長い道のりを経て、今日に至ったのだ、ということもわかる。

彼女のキャリアのスタートは、創刊間もない 『ローリング・ストーン』 誌。
ローリング・ストーンズの世界ツアーに同行し、「ロック界一のカメラマン」として有名に。

ミック・ジャガーがおもしろいことを言っていた。

――来る日も来る日もそばにいたから、その内撮ってても気にならなくなった。

これと同様のことを、他の人も言っていた。

――彼女は環境や人に適応するのがうまいんだ。
   被写体に入り込むんだよ。
   気配が消せるんだ。

(→この時、”入り込み” すぎて、ストーンズのツアーでドラッグを覚え、「リハブ」に入院した!)

密着取材には、こういう特性は大きな力になる。
ホテルの部屋で、着替えの為か、無防備に素っ裸になり、ケツをこちらに向けているシュワちゃんの写真がある。
シュワちゃんが、「ミスター・ユニバース」世界大会に出場した時、アニーが同行取材した。

こういうのって、キャリアの間に、スキルとして身につくものなのだろうか。
持って生まれた ”才能” なんだろうか。
うがった見方をすれば、彼女がレズビアンということも関係あるのだろうか。
男女どちらにも「異性」を感じさせない、男も女も(世界中のセレブも)心許す 「存在」。

彼女の声は野太くて、声だけ聞いていると、男だか女だかわからなかったりする。
背も高くてがっしりしてて。
頼もしい彼女が、パートナー、スーザン・ソンタグの最期を語る時、唯一見せた涙にもらい泣き。

susansontag.jpg
スーザン

しかし、ドキュメンタリ映画として、もう一つ何か欲しかった。
ツッコミが足りないというか、決め手に欠ける気がする。
たとえば、こどもについて。
映画の最初から、三人のこどもたちが出て来る。
あら、スーザンとアニー、どっちが産んだのかしら? なんて下世話な見方をしていたら、中盤でやっと

――五十歳の時、ふと立ち止まり、こどもが欲しいと思ったの


五十かあ、じゃあ、養子ってことか、と、すっかり納得していたら、さっき
「五十歳を過ぎてから出産を決意し、三人の子の母に」
という記事を発見。
それってすごいことじゃないすか!?
そこを知りたいのに、映画の中では先ほどの、アニーの言葉だけ。
これじゃあ、養子と誤解するのも仕方ないべ。
アニーはそこんとこをあまり描いて欲しくなかったんだろうな。
そこの部分だけ、悪目立ち することを避けたんだろう、というのはわかるが。
監督 バーバラ・リーボヴィッツは、アニーの妹、身内ゆえ踏み込みが甘いとの批判の声も已む無し。
それにしても、「出産した」 くらい言ってもいいと思うが。(不満・・・プンプン)

lens09.jpg
このコたちが とってもかわいかったです

が、アニーの作品を一挙にたくさん見られるのが楽しい。
セレブだけでなく、名もない人、風景、家族の写真、みな素晴らしい。
写真展に行ったみたいです。
それと、アニーが仕事をしている現場を見られるのも貴重です。
アイデアが豊富で、実にユニーク。
あれだったら、撮影されるセレブの人は、アニーに魅かれるだろうなあ。

トップ画像の、ヨーコにキスするジョン・レノンの写真は、’80年暗殺の4・5時間前に撮られた。
翌’81年、ジョン・レノン追悼号の表紙を飾り、世界中で完売となった。
’91年には、『ヴァニティ・フェア』誌で、臨月のデミ・ムーアの写真を発表。
これで、誌の売り上げは、それまでの80万部から100万部に伸びたという。
この二つの表紙は、2005年 全米雑誌編集者協会より、全米で過去40年間に発売された主要40誌の雑誌のトップカバー 1位と2位に選ばれた。



――他に写真家はたくさんいるわ。 だけど、アニーほど必死で仕事をする人はいないのよ。
  (『ヴォーグ』編集長 アナ・ウィンター)


仕事、家族、出産、愛 どれもあきらめない!
人生全力投球の アニーなのでした~!

→ たしかにアニーが妊娠・出産したというのがわかるフォトが こちらのサイト に載ってます。
セルフ・ポートレイトでしょうね。 勇気ある写真です。
2001年撮影だから、’49年生まれのアニー 52歳の時ね。
下のコメントを見ると、
「ワオ、彼女、50越えてるよね」 「すごい!」
ってかんじ、ごもっともなり。



ということで、彼女の作品を ――

lenz01.jpg
<マリー・アントワネット>のスチール
撮影終了時、キルスティン 「あんなに準備に時間がかかったのに、撮るのはたった10分!! 信じられないわ!」
ふんふん、なるほど、いい職人は仕事が早い と決まってますからな。



lenz02.jpg
これ、いい写真だよなあ


annie02.jpg
この写真好き。 アンジー別人のように 可憐☆


lenz04.jpg
これもアニーだったのか! ヴィトンの「旅」をテーマにした広告キャンペーン ゴルビ~~!


lenz06.jpg
今は、『ヴォーグ』 の仕事をしています。
 ビゴのステキな写真発見!




世界のセレブで、アニーが撮ってない人はいないのでは?

lenz08.jpg
クイーンだって撮ってるし。 すごい いかにも ”アニー・タッチ” ですねえ

もちろん この人だって

lenz05.jpg
時の人 小浜氏 (やっぱトニー・レオン ちょっと入ってるな)

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cieloluna187.blog32.fc2.com/tb.php/11-47978b13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画 「ラスト、コーション」 «  | BLOG TOP |  » ROCK YOU !

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【10件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【6件】
2017年 05月 【9件】
2017年 04月 【9件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。