2018-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エル ELLE - 2017.09.12 Tue

「エル ELLE」
(2016/フランス/ELLE)


elle01.jpg

「氷の微笑」のポール・ヴァーホーヴェンとイザベル・ユペールの異色タッグ。
イザベルが多数の映画賞を受賞した。

ん~~イザベル・ユペール主演の映画って、なんかめんどくさそーなんだよなあ、と一度はスルーしたものの行ってキタ。
どうやらこれ、お客さんが入っているようですね。8月に観ました。

@TOHOシネマズ日比谷シャンテ


濃ゆい!

あらゆるものがてんこ盛り!

濃密すぎる!

ゲーム会社を経営するミシェルは、自宅で覆面の男に襲われレイプされる。
だけど彼女は警察に通報せず、何事もなかったかのように過ごす。
なぜ警察に通報しなかったのか、というのは、おいおいわかって来るのだが、にしても、レイプされてなぜああも平然としていられるのか?見ているこちらが戸惑う。

めちゃくちゃになった部屋を片付け、彼女は風呂に入る。
バスタブに横たわるミシェル。その時彼女の下半身のあたりの泡がピンク色に染まっている。
彼女は平気な顔をしていても、たしかに暴行があったというシーン。リアル。

elle02.jpg


レイプされた主人公に観客は少しも同情しようと思わない。
ミシェル、やな女なんだもん。
部下には高圧的な態度!
「私が社長よ!」

別れた夫に若いガールフレンドが出来たと知ると、探りに行っていぢわるかましたり。
共同経営者の親友の夫と不倫してるし。
ボンクラな一人息子の生活になにかと口を出す。
元夫といい、息子といい、彼女はすべてを自分が支配したいタイプ。
よく言えば、自分に正直に生きているとも(言えなくもない)。

彼女は独自に犯人捜しを始めるのだが、怪しいヤツが多すぎる!
元夫、不倫相手、部下、隣人・・・。

犯人捜しの過程で、
部下にパンツを脱いでチ〇コを見せろ!と言っている図w↓
elle03.jpg


この物語の前半は犯人捜しなのだが、物語半ばで犯人が誰かはわかる。
しかしこの話の本質はそこからの後半!犯人とミシェルの関係性がキモ!
いやいや、ゴイス~!

当初ミシェル役はニコール・キッドマンやシャリーズ・セロンにオファーしていたらしい。
イザベルがやってこそ、このミシェルの存在感に説得力が出るってもんよ。
つーか、フランスならこういう女いるだろうなあってチロルは思ったね。
なんにせよ、問題作なのはたしか。
79歳のポール・ヴァーホーヴェンの尽きぬ才気とエネルギーにもあっぱれ!
スポンサーサイト

● COMMENT ●

同感です

こんにちは。
私も今日コレ見て来ましたよ。
本当にフランスならアリな物語だと思います。
パトリックの妻が宗教にはまっている、というのはミシェルの父親につながるような気がして、無限ループになりそうでちょっとゾッとしました。

■ケフコタカハシ さん

コメントありがとうございます。
> 本当にフランスならアリな物語だと思います。
息子のとこに生まれたこどもが明らかに××でも、
誰も何もツッコまないしぃ~
それもフランスならアリ?!(笑)
レ〇プ犯に侵入されたのに、セキュリティ強化しないんかい?
つうところも謎だったけど、わざとってこと?
> パトリックの妻が宗教にはまっている、というのはミシェルの父親につながるような気がして、無限ループになりそうでちょっとゾッとしました。
パパの存在まで何もかもが濃ゆすぎ。
まさに、「衝撃作で、問題作」!でした。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cieloluna187.blog32.fc2.com/tb.php/1063-05632111
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「エル ELLE」観てきました

サスペンスだと聞いていたので、最初はあんまりそそられなかったんですけど、サスペンス要素はそんなに重要ではなくて、複雑な人間ドラマが見どころのなかなか面白い作品でした。親子どころか孫くらいに若い愛人の美ヒゲに★を進呈してヒゲハゲ満足度は5点満点で4★★★★<公式サイトはこちら>一人暮らしをしている49歳バツイチの女性ミシェルは、自宅にいる時に暴漢に襲われます。警察を...

昼下りの情事 «  | BLOG TOP |  » 最後の追跡

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2018年 04月 【11件】
2018年 03月 【10件】
2018年 02月 【8件】
2018年 01月 【8件】
2017年 12月 【10件】
2017年 11月 【10件】
2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【10件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【6件】
2017年 05月 【9件】
2017年 04月 【9件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。