2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリアン・グレイ - 2017.04.05 Wed

「ドリアン・グレイ」
(2009/UK/DorianGray)


dorian02.jpg

先日岩波ホールで「家族の肖像」を見て来ました。(いつかの・・・後日UP予定(汗)
からの~ ヘルムート・バーガーの「ドリアングレイ」を観たかったんだけど見つからず。
ってことでこちらを観てみた!
Netflix にあった!
言わずと知れたオスカー・ワイルド「ドリアングレイの肖像」の映画化であります。


祖父が亡くなり、大屋敷を相続したドリアンは、画家バジルに肖像画を依頼する。完成品は生き写しのようで、瞬く間に社交界で注目を集めるドリアンだったが・・・。

田舎からロンドンにやって来たドリアン。この時は美しくも純真無垢な青年。ぽややんとしてカワイイ☆
この時のドリアンは自分の美しさを自覚していないし、美への執着もなかったと思うわ。

ところが肖像画の中の自分を見て、自分の若さや美しさに気づく。
この画の出来の素晴らしさとドリアンの美で化学反応が起きちゃったのね。
そこへヘンリー卿の悪魔的な誘い。
ドリアンは退廃的な生活を送るようになる。
すると肖像画の中のドリアンは次第に変化し始める。

dorian01.jpg


この映画は実は前から気になっていた。
ベン・バーンズの美しさはどんなもんじゃらほい!?

さてさて、こりゃほんとに 美しい!
やっぱ美青年はUKにあり! 
俗っぽくないとこがイイネ!→こういうのは俗っぽいと「インタビューウィズヴァンパイア」のトム・クルーズとブラピになっちゃう。
肖像画も美しくうっと~り!(TOP画像ご参照)

しかしだな、この映画のダメなとこは(い、いきなりダメ出し?!) 退廃部分にある。
堕落したドリアン、ベン・バーンズにはムリ感じるな。演出も残念感いぱい。

dorian05.jpg


せっかくヘンリー卿にコリン・ファースをキャスティングしたんだから、何かかぐわしいかほりが出せなかったものか 
この作品の評価が今イチなのはその辺に要因があるな。

dorian03.jpg


思えば「愛の嵐」、退廃のにほいがむせかえるようだった。
21世紀の現代、「ドリアングレイ」を作るのはむずかしい時代なのかも。

Night Porter [VHS] [Import]
Dirk Bogarde
Homevision
2000-06-20



===
「ドリアングレイ」は三度映画化されています。
① 1945年 アメリカ映画 主演はハード・ハットフィールド

dorian04.jpg

ドリアン・グレイの肖像 [DVD]
ハード・ハットフィールド
ジュネス企画
2011-04-25




② 1970年 イギリス映画 ヘルムート・バーガー版
ベン・バーンズは好青年パートはえがったのに退廃部分がダメだった。ヘルムートの場合、存在そのものが退廃だもんな。

原作を読んでみっかと思ったら、社長が貸してくれました。
福田恆存版新潮文庫(1962年発行/1973年17刷)には表紙カバーにヘルムートが!

gray011.jpg

ドリアン・グレイの肖像 (新潮文庫)
オスカー ワイルド
新潮社
1962-05-02



あれ~DVD化されてる~~!

ドリアン・グレイ 美しき肖像 [DVD]
ヘルムート・バーガー
紀伊國屋書店
2011-12-22



ドリアン・グレイの肖像 - The Picture of Drian Gray【講談社英語文庫】
オスカー ワイルド
講談社インターナショナル
2006-11-08


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cieloluna187.blog32.fc2.com/tb.php/1008-21d2c6a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |  » 彼らが本気で編むときは、

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。