2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイ・ブルーベリー・ナイツ - 2008.04.08 Tue

「マイ・ブルーベリー・ナイツ」
(2007/ フランス 香港 中国/My Blueberry Nights)

myb02.jpg


恋人の心変わりで失恋したエリザベス(ノラ・ジョーンズ)は、元恋人の家の向かいにあるカフェに出入りするようになる。
毎晩、ブルーベリーパイを用意してくれるオーナー、ジェレミー(ジュード・ロウ)と話すことで、徐々に慰められていくエリザベス。
しかし、どうしても終わった恋を引きずってしまう彼女は旅に出る決心をする。
『2046』 などで知られる香港の名匠ウォン・カーウァイが、アメリカを舞台に描くロードムービー仕立てのラブストーリー。
カーウァイらしい独特のスタイリッシュな映像とヒネリの効いた構成が魅力。
(シネマトゥデイ)


王家衛(ウオン・カーワイ) は好きな映画作家だが、このところ とんと御無沙汰。
観るのは、<花様年華> (2000) 以来だわね。
(その間に <2046> とかあったけど、キ○タコが出ていて、ちょっと腰が引けちまって)

その前に・・・私、ジュード・ロウがなんか苦手なのよね。
ラブストーリーってのもダメダメなんすけど・・・。
堪えられるかしら チロ 心配・・・。
その上、行く前にちらっとネットで感想を見ちゃったら、複数の人が 「寝た」と 言っていた・・・。

王家衛、すまん、あまり期待せずに行きました。
今回は、香港を離れ、アメリカで撮る初の英語劇。
はたして――

15:00 @渋東シネタワー


NY、カレが心変わりし(新しい女が出来たってことなんだけど)、フラれたエリザベスは、未練たらしくカレの家のそばのカフェに入り浸り、ブルーベリーパイを食べてる。
ぐだぐだメソメソとグチをこぼす彼女に絆されるカフェのオウナー ジェレミー(ジュード・ロウ)。
あら、なんだか今回の ヘイ、ジュード! は、かんじが違うわ。
ゆるふわウェイビーヘアで、ゲーハーがわかんないし、さり気なくていいかんじじゃん。

myb01.jpg


しかし、それで慰める内に、どうにかなるってあまりに安易じゃね?!
近頃のヤングは、下半身がゆるいからな。
と思いきや、何もないまま、エリザベス 
「私は旅に出ま~す!」

冒頭のNY部分は前ふりであり、彼女が旅に出る動機付けであったのだ。
そしてここから先が、この物語の本筋、アメリカらしいロードムーヴィー風になる。

最初にたどり着いたメンフィス :
昼はダイナー、夜はバーで働くエリザベス。
店の客、警察官 アーニーの物語。

myb07.jpg


妻に逃げられ酒に溺れるアーニーと、彼の深すぎる愛に苦しむ妻 スー・リン。
このエピソード良かったなあ。
最近でこそ 「美中年」 ぶりを発揮してるデヴィット・ストラザーンだが、昔のダメ男に戻った感じ。
レイチェル・ワイズってうまいなあ。(好きとは思わないけど)

myb066.jpg
美中年!

そして、エリザベスはラスベガスへ:
そこで、<人を信用しないギャンブラー> と知り合う。
これがナタリー・ポートマンなんだけど、いつのまにか ”大人” になっちゃったなあ。
エリザベスに 「人を信用しちゃダメよ」 と説教するが、最後には彼女が、
「時には人を信用することも大切」 と諭されるのだった。
どちらのエピソードも、「死」 が共通している。

myb05.jpg

ナタリーの着こなしがとってもステキ☆
プロダクション・デザイン&衣装デザイン ウィリアム・チャン(<花様年華>) さすが!!

そして1年が経ち、NYに戻ったエリザベスは――

今回の撮影は、王家衛組の 杜可風(クリストファー・ドイル)ではなく、
ダリウス・コンジ  (<セヴン> <デリカテッセン>) が担当。
そのせいかどうか、いつもの王家衛色は薄まった感がある。
私は杜可風のキャメラが好きなのでちょっとさびしいが、ジャグアの新車で走る風景など美しい。
あと、ブリーべりーパイのクローズアップがエロティック☆

myb03.jpg


ノラ・ジョーンズは、これで映画デビウだが、旅に出てからは各エピソードのキャラクターが主役で、ノラちゃんは脇に回っている感じ。
このあたりの配分はいいと思う。

冒頭、カフェのシーンで好きな件りがある。
終わった恋を捨てきれないエリザベス。

――どうしてこうなったのか。何か理由があるはずよ。
――必ずしも理由があるとは限らない。 ほら、このパイ。
   他のは売れるけど、いつもブルーベリーパイは売れ残りだ。
――ブルーベリーパイの何がいけないのかしら?
――ブルーベリーパイに悪いところなんてないさ。
   ただ客が注文しなかっただけさ。


哲学的だなあ。 こういう視点をちょっとずらすと違う見方が出来る、つうの好きだ。


王家衛がインタビューでおもしろいことを言っていた。

<マイブルーベリーナイツ>の男女の役割は、僕のこれまでの作品と逆転
しているんですね。
この映画の中で、ずっと待っているのは男性、逆に旅に出て自由奔放に生
きているのは女性ですね。
あなたは選べるとしたら、お店でずっと待つ女性ですか? 
旅に出る女性になりたいですか?


myb04.png


旅先からジェレミーに届く絵はがき。
仕事先ではがきを書いていると、「電話の方が早いじゃないか」 とエリザベスは言われるが。
一年の間に束になった絵はがきたち。
ああ、こういうの はがきや手紙ってやっぱりいいなあとしみじみした。
アナログのものって、かたちになって後に残るのよね。


ところで、久しぶりに王家衛作品を見たら、昔読んだ評論を思い出した。

暉峻創三 「<王家衛の映像世界>: ”恋する惑星” に見る王家衛の空間構造」

まず目の前の一つの世界、仕切る何かの向こうに広がる別の世界。
仕切るものは、「カウンター」「シャッター」又は、奥の世界を作り出す枠でもよい。
「窓」であり、「鏡」である。
王作品では常にバーやホットドッグスタンド、コンビニに立ち寄るのを好む。
窓越しに印象的にとらえられる登場人物。

「こうした場所に身を置く事は、王作品に出演した人物のいわば義務である」

mybn12.jpg

”窓越しに印象的にとらえられる登場人物 ” の図

<ブエノスアイレス>では、ドラッグストアに何度も立ち寄るトニー・レオンがいたし、
二人の部屋には古びた鏡があった。
<恋する惑星>では、ホットドッグスタンドのカウンターを間にはさんでいた。

今回は、やはりカウンターのあるカフェバー。
カウンターのこちら側にジュード・ロウ、向こう側にノラちゃん。
そして旅に出てもやはりノラちゃんは、バーに ”身を置いている”。
カウンターのこちら側にノラちゃん、向こうの世界にアル中のアーニー。

トップ画像の印象的なキスシーン。
これは、パイを食べてカウンターに突っ伏して寝てしまったノラちゃんなのだ。
その唇にキスするジュード。
二人を仕切るカウンターを越えてキスをする、というシーンなのであった。

といった構図が随所にあり、見ていておもしろかった。


今回は、文字色を出来るだけ ブルーベリー色 にしてみた
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cieloluna187.blog32.fc2.com/tb.php/1-4703719a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ワンナイト・スタンド «  | BLOG TOP |  » 夜 顔

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。