2008-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイ・ブルーベリー・ナイツ - 2008.04.08 Tue

「マイ・ブルーベリー・ナイツ」
(2007/ フランス 香港 中国/My Blueberry Nights)

myb02.jpg


恋人の心変わりで失恋したエリザベス(ノラ・ジョーンズ)は、元恋人の家の向かいにあるカフェに出入りするようになる。
毎晩、ブルーベリーパイを用意してくれるオーナー、ジェレミー(ジュード・ロウ)と話すことで、徐々に慰められていくエリザベス。
しかし、どうしても終わった恋を引きずってしまう彼女は旅に出る決心をする。
『2046』 などで知られる香港の名匠ウォン・カーウァイが、アメリカを舞台に描くロードムービー仕立てのラブストーリー。
カーウァイらしい独特のスタイリッシュな映像とヒネリの効いた構成が魅力。
(シネマトゥデイ)


王家衛(ウオン・カーワイ) は好きな映画作家だが、このところ とんと御無沙汰。
観るのは、<花様年華> (2000) 以来だわね。
(その間に <2046> とかあったけど、キ○タコが出ていて、ちょっと腰が引けちまって)

その前に・・・私、ジュード・ロウがなんか苦手なのよね。
ラブストーリーってのもダメダメなんすけど・・・。
堪えられるかしら チロ 心配・・・。
その上、行く前にちらっとネットで感想を見ちゃったら、複数の人が 「寝た」と 言っていた・・・。

王家衛、すまん、あまり期待せずに行きました。
今回は、香港を離れ、アメリカで撮る初の英語劇。
はたして――

15:00 @渋東シネタワー

スポンサーサイト

夜 顔 - 2008.04.04 Fri

「夜 顔」
(2006/フランス・ポルトガル/BELLE TOUJOURS)


よるがお01


パリのコンサート会場で、アンリ(ミシェル・ピコリ)は今は亡き友人の妻・セヴリーヌ(ビュル・オジエ)と偶然再会をする。
彼女の後を追うアンリだったが、過去のことを忘れたいセヴリーヌは彼から逃げまどう。
やっと彼女のことをつかまえたアンリは、未だ彼女には明かしていない過去の秘密を打ち明けたいという口実で、半ば強引にディナーへとこぎつけるが…。
ポルトガルの巨匠、マノエル・ド・オリヴェイラが、ルイス・ブニュエル監督にオマージュを捧げ、カトリーヌ・ドヌーブ主演『昼顔』の38年後を設定に大人の駆け引きを描く。



先にUPした <昼顔>は、実はこれを見る為の予習復習だったのです。
この作品を知ったのは、新聞の映画評欄で、「まあ、じじばばの出るヨーロッパ映画ね」とスルーしようとしたら、なんと、<昼顔>の38年後を描いた、というではないか!?
これは行かなくちゃ、いやその前に、<昼顔>を見直して・・・などと言っていたら、銀座でのロードショウが終わり、今回二番館でやっと見ることが出来ました。

10:10 @下高井戸シネマ モーニングショウ
 

昼 顔 - 2008.04.01 Tue

「昼 顔」
(1967/フランス/Belle de Jour)


BELLE_DE_JOURBELLE_DE_JOUR
(1997/07/25)
カトリーヌ・ドヌーブ

商品詳細を見る


パリの高級住宅地で暮らすセヴリーヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)と外科医のピエールは、誰の目から見ても幸福な夫婦である。
しかし、セヴリーヌは夫を愛する一方で、妖しい性的妄想にとらわれている。
ある日、彼女は上流夫人たちが昼間だけ売春をしている家があると知り、情欲を押さえ切れずにその家に足を踏み入れる。
こうして、昼は娼婦、夜は貞淑な妻というセヴリーヌの二重生活が始まった…。

発表当初センセーショナルな反響を巻き起こしたジョゼフ・ケッセルの小説を映画化。
ルイス・ブニュエルとジャン=クロード・カリエールが脚色。
貞淑な妻の内側に潜む淫らな欲望を、現実と妄想が入り乱れたブニュエルお得意のシュールな映像で見せる。


昔、ルイス・ブニュエルにはまった時期があった。
これはたしか、千石にあった 三百人劇場での特集上映で観たと記憶する。
今回、リピート鑑賞しましたら、例によってすっかり忘れてました。
あらためて、わくわくと観る事ができました。やっぱり秀作。スキ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ロレンツオ

Author:ロレンツオ
FC2ブログへようこそ!

追記・その他

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

過去ログ +

2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【11件】
2017年 02月 【8件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【8件】
2016年 10月 【10件】
2016年 09月 【10件】
2016年 08月 【10件】
2016年 07月 【7件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【6件】
2016年 02月 【7件】
2016年 01月 【6件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【9件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【10件】
2015年 07月 【13件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【8件】
2015年 04月 【9件】
2015年 03月 【11件】
2015年 02月 【10件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【10件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【11件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【7件】
2013年 09月 【9件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【8件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【9件】
2013年 03月 【7件】
2013年 02月 【7件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【11件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【7件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【14件】
2012年 02月 【8件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【13件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【10件】
2011年 09月 【10件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【10件】
2011年 06月 【14件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【4件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【6件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【11件】
2010年 01月 【5件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【11件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【10件】
2009年 04月 【8件】
2009年 03月 【9件】
2009年 02月 【5件】
2008年 12月 【2件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【6件】
2008年 08月 【3件】
2008年 07月 【16件】
2008年 06月 【5件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【9件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【11件】
2007年 12月 【14件】
2007年 11月 【7件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【9件】
2007年 06月 【6件】
2007年 05月 【6件】
2007年 04月 【10件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【9件】
2007年 01月 【8件】
2006年 12月 【7件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【13件】
2006年 07月 【8件】
2006年 06月 【7件】

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。